忍者ブログ

白と黒の対極

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』の自キャラ燕糸・踊壺(b32648)とメイガス・モルガーナ(b04105)のブログです。 りんくふりぃです♪ コメント欲しい今日~♪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


微かな頭痛に燕糸・踊壺(異形の訂正者・b32648)は目を覚ました。

そこは静かな丘、朝でも夜でもない『黄昏の空間』だった…

ただ、自分が何故此処にいるのか、それまで何をしていたのか…

思い出すことができない状況に頭を更にかき回される。



「…ッ!」

突然背後から語りかけられて、ビクリと背筋を強張らせる。

後ろを向くと、そこにはスタイルのいい身体を黒いコートで覆い隠し

銀色の瞳を悲しく濁らせた女性がいた。

「貴女は…?」

踊壺は言いかけた所で思い出した。

知るはずのない記憶、かつてどこかで語り合った『背徳の魔女』。

「ここはある人間の意志に『私』の意思を働きかけて作った場所。

…いや、貴女もあの時からそれを望んでいたんじゃあない?」

クスクスと笑う『魔女』は懐からカードを取り出す。

「…イグニッション…。」

それは能力者の証、カードは複雑な溝の掘られた大鎌へと姿を変え

彼女は『背徳の魔女』の本性を現した。

「私はそんな事望んどらへん、貴女もその筈や!」

「なら貴女、 何 故 其 処 に 居 る の ?」

端整な目を細め、静かな怒りを込めて『魔女』は問う。

踊壺はその威圧感に思わず後ずさる。

「…それは、私の意志や…確かにそれは私の意志や!!

でも、貴女にだって選ぶ権利はあるはずや!!」

ブオッ………「うわ!!」

ズガシュッ!!!!

『魔女』が大鎌を振り下ろすと、整った地面が醜く抉れた。

彼女の大鎌はゴーストを刈るための鎌ではない。

その複雑に彫られた溝で詠唱銀を多く含むゴーストの体組織を抉り取るための大鎌。

そんなもので切り裂かれれば詠唱銀で守護された能力者や来訪者でさえ…

重症ではすまされない。

「…こんなこと意味ない…

貴女がそうでもしなきゃ気が済まないというのなら…





…私は…負けてあげない!!!!!!!!!!」







「!!!!!!!イグニッション!!!!!!!」










反(半)存在との戦いの幕が…切って落とされた…。


PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[11/12 NEX-5]
[05/29 TuhForbGrorry]
[07/03 クリューナ]
[06/27 クリューナ]
[04/22 NONAME]
HN:
Yoko.Enshi. with Magus.Morgan.A.
年齢:
1069
性別:
女性
誕生日:
0948/09/26
職業:
蜘糸商会 社長
趣味:
機構弄り
自己紹介:
=======================
この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はかがり紅路絵師に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
========================
800年の封印から目を覚ましてくれたのは小さい巫女やった。私も巫女も、大きな力の前では何もできなくて。『土蜘蛛戦争』で巫女が戦いに出ても、見送ることしかできなくて…。彼女は先に逝ってもうた。
<<存在・意味・理想・願い (中編)  | HOME |  ある魔女の記憶>>
Copyright ©  -- 白と黒の対極 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ