忍者ブログ

白と黒の対極

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』の自キャラ燕糸・踊壺(b32648)とメイガス・モルガーナ(b04105)のブログです。 りんくふりぃです♪ コメント欲しい今日~♪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


学園のチャイムが鳴って、皆一斉に帰り始める。
宿題も出して、先生からいろいろな話を聞いて

初めての夏休みは終わり、新学期が始まった。

「…ん~、夏休み挟むと…随分久し振りに感じるなぁ♪」
「そうですよね…夏休みの間も皆一緒だったので、違和感はありませんが♪」
姉妹仲良く帰路へ歩き、暫くして八尾は結社へ行くので駅前でいったんお別れ。
「それじゃあ、行ってきます姉様…♪」
「ん、行ってらっしゃいやぁ…。」
手を振って妹を見送り、そのまま帰る。
蜘糸ビル…蜘蛛糸商会こそ自分(ようこ)の家であり結社なのは恐らく
このお話を読んでいる人達には当たり前の事だと思う。
そこでの生活こそが今の自分を形作り、自分が銀誓館学園能力者である理由のなのだ…
今日から、またいつも通りの生活が始まる…
それは、二人の夕食時間の事だった…メニューは唐揚げとサラダ。
二人での生活を始めてたった2カ月だが、大抵こう言った揚げ物の場合
大きな皿に全て入れて、好きな量取り合う…
遠慮は皆無、まさに(唐揚げを)食うか食われるかのサバイバルゲーム。
その時、踊壺はふと言った。
「…にゃ~、早くなったなぁ、『妾』もまけてられへんわぁ…♪」
「………!!」
八尾が、まるでビデオを一時停止したようにビタリと橋を止めた。
「………んにゃ?どぉしたん?」
「…いえ、今姉様…口調が…?」
八尾の言葉を聞いて、踊壺は頬を染めて口元を押さえる。
ちょっと可愛い…我が姉ながら八尾は思った。
最近知り合いの影響で覚えて、癖になったらしい。
ちょっかい出しぃの赤面症、これほど厄介な人種もそういないだろうに…
…いやいやそうじゃない、と、八尾は頭を振って思考を戻す。
「…にゃ~、最初のうちは頑張って押さえとったんやけど…
最近は自然に京訛り出るから油断しとったわぁ…にはは♪」
頭をポリポリ掻いて笑う姉を見て…
「無理は…していませんよね?」
…………………………………………
「…にゃ?あの夜二人でちちくりあった後は大丈夫やえ~?
八尾ちゃんこそ大丈夫なん、腰とか?」
「いえ、そうじゃありません…ってそれは思い出させないでください!!」
顔を赤くして抗議した後、息を整えて言った。
「…私は不安なんです、姉様のそう言う所が。」
「…無理なんかしてへんよ、別に。」
…八尾は俯きながら…橋を置いて言った。
「…でも…あの時の電話だってそうです…帰る直前の時はどんどん頻度が上がってきて…
私は、姉様の護衛である以前に…」
「…ん、大切な家族や…八重架と同じだけ…」
…踊壺には、土蜘蛛の中でも封印から覚めた者ながら700年前の記憶は無い。
それも、檻の中にいた自分が次第に忘れられていく恐怖…
そう、不完全な封印の中にいたからこそ受けた忘却に対するトラウマから生まれた心の病気だ。
だからこそ、八尾は不安だった…八重架の役をやるのは…踊壺の方が…
俯いた八尾を撫でた後、踊壺は続けた。
「…確かに、忘れて欲しくはなかった…でも、おじいちゃんたち以外にも八尾ちゃんに平賀さん…私はたくさんの人と仲良うなれた。
たくさんの人に覚えてもらった…せやから私は間違いなく、燕糸踊子やよ♪」
…しばらくの沈黙…
「…にゃむ、にゃむ、にゃむ♪」
…隙をついて、踊壺は残りの唐揚げを全て食べてしまった。
「あ…みゃ~~~~っ!!」
「にゅほほほ、修行が足りませんえ~♪」


その夜、自室にて…踊壺は枕に顔を埋めていた…
ひとりごとか、懺悔か…いや、特に意味はないのだろう。
枕に語りかけるように、踊壺は自白した…

「…八尾ちゃんに変わってもらったんは私の我儘や。」
PR
COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

皆気になるあの夜の事
「みゃははははははははははっ!!!
ひゃめ、ひゃめて…みゃあっはははははは!!」
「にゃひょひょひょひょひょ♪」
やおちゃんは腰が弱い、そう気付いた途端擽ってみたくなったんですえ~♪
・・・というオチだったそうな♪
TRACKBACK
Trackback URL:
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
[11/12 NEX-5]
[05/29 TuhForbGrorry]
[07/03 クリューナ]
[06/27 クリューナ]
[04/22 NONAME]
HN:
Yoko.Enshi. with Magus.Morgan.A.
年齢:
1070
性別:
女性
誕生日:
0948/09/26
職業:
蜘糸商会 社長
趣味:
機構弄り
自己紹介:
=======================
この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はかがり紅路絵師に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
========================
800年の封印から目を覚ましてくれたのは小さい巫女やった。私も巫女も、大きな力の前では何もできなくて。『土蜘蛛戦争』で巫女が戦いに出ても、見送ることしかできなくて…。彼女は先に逝ってもうた。
<<私…鋏角衆  | HOME |  好きな人ができました>>
Copyright ©  -- 白と黒の対極 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ