忍者ブログ

白と黒の対極

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』の自キャラ燕糸・踊壺(b32648)とメイガス・モルガーナ(b04105)のブログです。 りんくふりぃです♪ コメント欲しい今日~♪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


奈良県、ある寺の電話が鳴る。
とたとた、黒い髪の少女が対応する。
「はい。」
「やっ♪元気でやっとるか、ヤエカ?」
ヤエカと呼ばれた少女は首を傾げる。
「…あの、どちら様でしょうか?」
「な…私や私。
今侠角衆のヤオちゃんに電話かける人物いうたら
一人しかおらへんえ♪」
無表情な少女の顔が少し明るくなる。
「恩方様、ご機嫌麗しく存じます。」
「にゃあ、相変わらずやなぁ♪」
侠角衆の燕糸・八尾(えんし・やお)、集中講義が終わった後
ある目的のために奈良県へ転校した者…その一人。
外見年齢は踊壺よりも上だが戦争の少し前に進化したばかりで踊壺と八重架が親代わりだった。
時々かかって来る踊壺からの電話は彼女にとって最も楽しみにしている時間の一つである。
「おじさん達の様子はどや?」
「九段様達も、大分回復なさっております。
戦争の事もほぼ忘れておられるでしょう。
学園祭?までには、また転校できると思います。」
「…そか…それは楽しみやなぁ♪」
そう言った踊壺の言葉には、心からの期待…それと同時に寂しさをどことなく感じさせた。
「…よろしいのですか?
本当の事を九段様達に忘れさせて…
私は、この一年八重架様の代わりとして燕糸の家にいました。
でも、恩方様がどれだけ苦しんでいるにも関わらず
彼等は次第に全て忘れていく…」
ぎゅう…と八尾は電話を握る手に力を入れる。
その音は、八尾がどれほど踊壺の事を思い…またどれほどそれが八尾にとって辛い事かを物語っていた。
「…ええんよ、元々それが正しいんや。
それに、いくら狂気に侵されとったって娘が急に亡くなってたなんて…」

…可哀相やろ…
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
[11/12 NEX-5]
[05/29 TuhForbGrorry]
[07/03 クリューナ]
[06/27 クリューナ]
[04/22 NONAME]
HN:
Yoko.Enshi. with Magus.Morgan.A.
年齢:
1069
性別:
女性
誕生日:
0948/09/26
職業:
蜘糸商会 社長
趣味:
機構弄り
自己紹介:
=======================
この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はかがり紅路絵師に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
========================
800年の封印から目を覚ましてくれたのは小さい巫女やった。私も巫女も、大きな力の前では何もできなくて。『土蜘蛛戦争』で巫女が戦いに出ても、見送ることしかできなくて…。彼女は先に逝ってもうた。
<<燕糸出雲の蜘蛛童達  | HOME |  ペンタブに慣れてきたようです>>
Copyright ©  -- 白と黒の対極 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ