忍者ブログ

白と黒の対極

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』の自キャラ燕糸・踊壺(b32648)とメイガス・モルガーナ(b04105)のブログです。 りんくふりぃです♪ コメント欲しい今日~♪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


カオス…今回の放送はその一言に尽きた。
しかしここで私はあえてログの無修正保存を選択した
何故?
番組の途中でも述べられるように、
メガリスドライブは脱線と真夜中テンションの暴走こそ華だから。
回答はその一言に尽きるのである。

*server*: [蜘蛛美・由良]が接続しました
蜘蛛美・由良: こばにゃ~。
*server*: GMメモが更新されました
GM: くもばんはぁ~♪
*server*: [鐶葉・桂]が接続しました
*server*: GMメモが更新されました
鐶葉・桂: ム、こんばんは、だな
蜘蛛美・由良: こばにゃ~。
鐶葉・桂: ……くもんばんは?
*server*: [テーオドリヒ・キムラ]が接続しました
鐶葉・桂: というわけで、久しぶりだ
テーオドリヒ・キムラ: くもばんわ~
蜘蛛美・由良: 12時までしか居られないです~……。
GM: ロリコンさんくもばんはぁ~♪
GM: テオさんもくもばんはぁ~
GM: うにゃ~、今日は人がなぁ…;
鐶葉・桂: ロリコン言うな∑
GM: 背後んところにおってあんまり早く発言できへんのよぉ;
*server*: [稲田・琴音]が接続しました
GM: せやから早く帰って貰う事を祈りつつ…;
鐶葉・桂: ム。こんばんはだな
稲田・琴音: どうも、こんばんは……その、また来てしまいました。何と言いますかタイミングが……(笑
テーオドリヒ・キムラ: えっと、一時間ずれちゃったんだ。俺、放送はじまるまでにいられるかな;
GM: 稲田さんくもばんはぁ~♪
GM: うにゅ;時間管理しっかりできずにごめんなぁ;
*server*: [夢祇・伊留麻]が接続しました
夢祇・伊留麻: こんばんはじゃよー
稲田・琴音: ちょうど昨夜GMをやったばかりでしたので、ついつい来てしまいました……あ、夢祇先輩。こんばんは。
鐶葉・桂: ム、こんばんはの久し振り、だな
GM: 背後の所に人が来とってあんまり素早い発言ができへんのー;(さっきの早く帰ってほしい発言
GM: いるまんくもばんはぁ~♪
稲田・琴音: そうだ、燕糸さん……お手紙の件、こちらからお願いしたいくらいです。よろしくお願いしますね。
GM: うに、よろしゅぅー
テーオドリヒ・キムラ: 社長以外ははじめましてだね。テオです、皆さんよろしくお願いします。
蜘蛛美・由良: 初めまして、友好ゆらゆら共和国団長の蜘蛛美・由良です。
鐶葉・桂: ム。初めまして、か。鐶葉桂<たまきば・けい>だ。以後、宜しく頼む
鐶葉・桂: 今は幽霊屋敷に住んでいる(何
テーオドリヒ・キムラ: ……あ、違う、由良は久しぶりだ(汗)
稲田・琴音: キムラ先輩は初めましてですね。稲田琴音と申します、こちらこそどうぞよろしくお願いしますね。(深々
蜘蛛美・由良: 踊壺ちゃん、12時までしか居られなさそうですけど、良いですかね?
GM: うん、OKやよぉ♪こちらこそほんまかんにんなぁ;/ラジオ用にブログ改装してみたりー
夢祇・伊留麻: ん、初めましてじゃ。夢祇伊留麻じゃ。よろしくのー
夢祇・伊留麻: ・・・と、言いつつどこかで会った気がしないでもない。・・・別子でじゃろうかな・・・
GM: 別子は偶にこんらんするやねぇ~♪
稲田・琴音: 特に、活動率が近いと……ですね。
鐶葉・桂: ああ、交友関係が二人くらいごっちゃになったりな
蜘蛛美・由良: ふふっ、私もそれわかりますよ。
テーオドリヒ・キムラ: あ、俺もたまにあるかな。
GM: あるあるぅ♪特にMDやとはち合わせる人限られるしなぁ♪
GM: んー、これなら通常の時間帯で放送しても問題ないかも?
夢祇・伊留麻: ほむ?
稲田・琴音: あら?
鐶葉・桂: フム?
テーオドリヒ・キムラ: じゃ、そろそろ?
*localhost*: セッション名が[【ラジオ形式】蜘糸♪ちゃんねる【22:10~0:00】]に変更されました
蜘蛛美・由良: 事情が変わった~るねっさ~んす! ってやつですね。
鐶葉・桂: 何故ルネッサンス……?
GM: るねっさ~んす♪変わってはおらへんけど問題はなさそうや♪
稲田・琴音: 情熱~♪
蜘蛛美・由良: 事情はもーまんたい、ですね、なるほど~。
鐶葉・桂: 大陸?
テーオドリヒ・キムラ: んじゃ、(マイクの位置を直したり)
GM: あ、ちょおまっとって。帰るみたいやから送ってくるぅ~
蜘蛛美・由良: 私はゲスト(友好)なのですよ?デスヨ?
稲田・琴音: (パーソナリティの皆さんの前に飲み物を置いていきましょう)
*server*: [夢祇・伊留麻]がオフラインになりました
鐶葉・桂: ム?
*server*: [夢祇・伊留麻]が復帰しました
テーオドリヒ・キムラ: 放送事故?
鐶葉・桂: おかえり、だな
GM: た~だいまぁ♪
夢祇・伊留麻: ただいまじゃ・・・むぅ
テーオドリヒ・キムラ: お帰りなさい。
蜘蛛美・由良: おかえりなさいなのですよ~。
GM: そしているまんおかいと~♪
鐶葉・桂: ム、全員そろったか?
GM: こうなるともう放送事故はMDの醍醐味やよぉ~♪
蜘蛛美・由良: ゲスト扱いでよろしくなのです~。
鐶葉・桂: 普通はダメなことなんだがな……
GM: そやねぇ♪ほならはじめましょおかぁ♪
稲田・琴音: 昨夜のセッションでは、開始までに1時間ほど皆で右往左往……(笑顔のまま青筋を立てました
GM: あるある♪ほなら、上から順にお葉書を開きますえ~♪
GM: それでは私から…(カジキ鮪の焼き魚のにおいのする封筒を取り出し。
鐶葉・桂: カジキマグロ?(汗
蜘蛛美・由良: なななんですか、この匂いは……。
稲田・琴音: 漁師さんからのお手紙のようですね。
テーオドリヒ・キムラ: 何故、魚の匂いが……(汗)
夢祇・伊留麻: 生臭い・・・
GM: メカジキを素で間違えた愚か者の説明ですえ~♪キニシナイキニシナイ…
蜘蛛美・由良: でも美味しそうな匂いなのです。
GM: 神奈川県在中のPN将門さんからのおたよりです~♪
稲田・琴音: つまり、肴にできそうな面白い葉書と言うことでしょう。
鐶葉・桂: 日本最大級の呪いとか持ってそうなPNだ(ぁ
GM: 最近のMDでセッションを始めようとすると、メニューの異常でどうしても30~60分は開始が遅れてしまいます。どうすればいいでしょうか?
GM: …とのことや♪
稲田・琴音: A:要望メールを送るしかありません。あるいは、詠唱兵器を引っ提げて北海道h(おっと、録音機器の異常です
テーオドリヒ・キムラ: 今、一部不穏当な発言があったような(汗)
夢祇・伊留麻: んー・・・異常がおこると、オフラインになったときに復帰することもできぬのは悩みどころじゃよな
蜘蛛美・由良: 放送事故……。
GM: 私は一昨日のセッションで念のため一時間間をおいたところ、45分まで誰もこれへんかったいうことになりましたえ~;
鐶葉・桂: 世界結界に阻まれたか
GM: あわわわわ;
テーオドリヒ・キムラ: バージョンアップしてから事故りやすくなったとは聞くね。
蜘蛛美・由良: そういえば、Ver3になってからものすごくエラー回数増えましたよね……。
夢祇・伊留麻: 増えすぎじゃ
稲田・琴音: β版と言う形で出すわけには行かなかったんでしょうか、いきなり総取替えではなくて……。
GM: そうやねぇ~、前々から文句の多いこの現象…
鐶葉・桂: ああ、アップデートしてからだな。恐ろしく重くなって、ロビーサーバーもおかしくなった
夢祇・伊留麻: そのロビーがおかしくなった影響で復帰もままならず
蜘蛛美・由良: 黒い名前で表示されたときは、一覧の取得に失敗してますね~。
GM: 実際、富の方でも原因を探しとるそうやよ~
稲田・琴音: 緑表示された名前が混じっていて、その中で部屋が入れ替わっていたりもしますからね。選んだ部屋と違う部屋への入室確認をされることもあるので、皆様ご注意です。
鐶葉・桂: 富も原因わかってないのか?(汗
テーオドリヒ・キムラ: ……いや、分かってたらもう少し早くデバッグされてると思うよ<富の調査
GM: 「状況についての調査を行い、必要であればメガリスドライブをバージョンアップさせていただきます。その際のバージョンアップ内容は、「何らかの原因により回線の切断が発生しても、速やかな本人認証により自動的に再接続する内部システム」を予定しています。  なお、構造上、メガリスドライブを同時にご利用していただいている方の数やJavaのバージョンは、この問題には一切関係ありません。」とのことや。(シルバーレインプロジェクトFAQ公式ページ系質問より)
GM: これが去年7月やから、未だ多いいうんはちょお不安やけどなぁ;
蜘蛛美・由良: あ、それの質問内容、たぶん私の質問だ。
GM: 勇者に認定しましょぉ♪
稲田・琴音: おめでとうございます、商品のGストーンを進呈しますね。(ぁ
稲田・琴音: 賞品、でした……。
GM: ひかりになれぇぇえぇぇぇ!!!(cv
蜘蛛美・由良: えへへ…、ありがとうございますです
GM: おっと世界結界;(切れた
鐶葉・桂: CVネタ?
GM: うはは、半角英数と使い分けるとたまにやってまうよねぇ途中送信~
蜘蛛美・由良: ん~、わからないなぁ~……(アセアセ
鐶葉・桂: というか、Gストーン?
GM: 普段からやっとるけどな♪>CVネタ
稲田・琴音: さて、結局質問への回答ですが……。
稲田・琴音: (勇者王ガオガ……なネタです、判らない場合はお気になさらずです)>Gストーン
鐶葉・桂: フム、そんなものか
GM: FINALで燃えたんは私だけ?…ゴホン…結局予定より早めにMD起動するしかなさそうやねぇ今の所は;
*server*: [蜘蛛美・由良]がオフラインになりました
*server*: [稲田・琴音]がオフラインになりました
GM: あぁぁ;
*server*: [稲田・琴音]が復帰しました
*server*: [蜘蛛美・由良]が復帰しました
鐶葉・桂: ム?
GM: くもえりにゃ~♪
鐶葉・桂: 放送事故が二連続。くもえり、だな?
稲田・琴音: バグの話をしていると、いつも覿面に来ますねえ……ただいくも、です。
テーオドリヒ・キムラ: くもえり~♪
蜘蛛美・由良: ただいくもです~。
GM: おかいと、ただいとの方がええかも?
蜘蛛美・由良: 了解なのです~。ただいと~。
稲田・琴音: では、ただいとです♪
GM: おっかいとぉ~♪
鐶葉・桂: フム、おかいとだな
鐶葉・桂: ああ、そういえば……すっかり忘れていたが
テーオドリヒ・キムラ: おかいと♪
テーオドリヒ・キムラ: ん、なんですか?<忘れていたこと
鐶葉・桂: 今日ホワイトデーだったな、と
夢祇・伊留麻: ホワイトデーじゃったのう
稲田・琴音: さて、次のお葉書に移りますか?(葉書入れを次の方へ押しやりながら)
蜘蛛美・由良: 了解なのです~。
蜘蛛美・由良: え~っと……(ごそごそ
稲田・琴音: ホワイトデーセッション、はそう言えばありませんでしたね。バレンタインセッションはいくつか見かけましたけど。
蜘蛛美・由良: あ、あったあった。
鐶葉・桂: 確かに。ホワイトデー影薄いな
GM: そうやねぇ~♪私はみやこからホワイトデープレゼントもらったよぉ~♪(ごそごそ
鐶葉・桂: フム、では俺からも渡そうか、記憶曖昧だが、たしか貰ったはずだしな
テーオドリヒ・キムラ: 俺はお返ししてきたよ、友チョコと義理チョコの。
GM: これ。(お仕置きスイッチ:これをおすとみやこに電流が流れます。
蜘蛛美・由良: 私はチョコはもらってないですね~。
夢祇・伊留麻: ほむ、そうか。我は送れなんだからのう
鐶葉・桂: 御仕置き用∑
テーオドリヒ・キムラ: ……おいおいっ(汗)<お仕置き用
GM: ととと脱線してもうたねぇ~、蜘蛛美さんお葉書どうぞぉ~♪
蜘蛛美・由良: はいは~い♪
蜘蛛美・由良: 静岡県富士市 ふじさんオフ主催予定な人さんのおたよりなのです。
稲田・琴音: えー、このラジオ番組は一部フィクションです。銀誓館では、子供の権利に細かく配慮し……(アナウンスを慌てて入れました:笑)>お仕置き電流装置
GM: おー…すごい人やぁ~…
GM: 普段は安全なようにアビを使っていますえ♪
テーオドリヒ・キムラ: ……それも間違いじゃ……<アビ使用
鐶葉・桂: まぁ、本人が幸せならいいんじゃないか?
蜘蛛美・由良: Q.セッションでGMやってたりしますけど、本格的にシナリオを組んでいくと、一日かかってしまうのです。短めに終わらせるためにはどうすればいいのですか?  とのことです。
GM: いつかはバイトヤドリギにして十字架から慈悲の槍に変えるつもりやったけど…
夢祇・伊留麻: んー・・・・GW減らしたりとか、戦闘を減らしてチェックを増やすとか?
GM: ほむ…どういう風に時間がかかるかに寄るなぁ?敵のデータとかぁ
稲田・琴音: えっと、オンラインセッションと言うことでよろしいんでしょうかね?
GM: あぁ、プレイの方なぁ。
蜘蛛美・由良: 何やら良く脱線するぐだぐだセッションになってしまうそうですよ?
蜘蛛美・由良: オンラインセッションですね~。
稲田・琴音: 個人的には、脱線して雑談を楽しむのもまたセッションの醍醐味の一つだと思うんですよね。なので、自分でやる時は一つのセッションを何回にも分けてやっていますけど……。
蜘蛛美・由良: なるほど~、その方法もいいかもなのですね~。
鐶葉・桂: 一回に詰め込みすぎる、というのは確かによくないかもな
GM: うんうん、PC同士の会話とかはセッションをより彩っていくものやとおもうよぉ♪
テーオドリヒ・キムラ: 幸い、シルバーレインRPGはチャプター制だから、区切りがいいところでセッションを切り易いしね。
蜘蛛美・由良: チャプター制じゃないのもあるんです~?
稲田・琴音: 大抵、「あ、そろそろ時間が近いからこのチャプターまでで〆ていいですか?」とやってますね。チャプターでうまく〆られそうにない時には、場面で〆てます。
夢祇・伊留麻: ふむふむー
GM: そうなると時間が足りへんくなったら後半や次回に続く形にどうもっていくかが難しいけどなぁ♪
稲田・琴音: ちなみに昨夜は、開始が遅れたためにうまくチャプターで切れませんでしたので、いかにも怪しげなうっそうとした森の中に入るところで切りましたよ。
鐶葉・桂: まだある程度残りがあるようなら、そのまま始めてもいいとは思うが
GM: チャプター一括でなくても何か発見したりとか、戦闘が始まったりとかで区切るんも一つの手やよぉ?
蜘蛛美・由良: だいたいは半分くらいがいいのかな~。
稲田・琴音: そうですね、最近のゲームはシーンやチャプターで区切るものが結構多いですけど、ある一定ラインから昔のゲームですと、「場面」の概念がないものの方が多いですよ>蜘蛛美さん
蜘蛛美・由良: なるほど~。
テーオドリヒ・キムラ: ……ごめん。いったん退室するよ。(背後がネットを止めるよう注意されたので)
GM: ストーリーの展開いうんは昔のゲームと同じにしたらあかんさかいなぁ…その分最初の頃のRPGとかにストーリーを混ぜた人の発想は新鮮やったろうなぁ~…
鐶葉・桂: ム。お疲れ様だな
GM: はいなぁ、テオさんお疲れ様やぁ♪
テーオドリヒ・キムラ: 御先にくもすみなさい。
蜘蛛美・由良: おつくもさまです~。
鐶葉・桂: くもすみ……
*server*: [テーオドリヒ・キムラ]が退室しました
夢祇・伊留麻: お疲れ様じゃよー
GM: ナイス!!それ頂きや♪>おつくもさま
稲田・琴音: これはちょっと違う話題になってしまいますが、セッションと言うことで……場面系のゲームは、進行をすっきりまとめやすく、また個人にスポットライトを当てやすいと言う利点があると思います。反対に場面区切りのないゲームは、パーティを組んだPC同士での雑談がしやすく、またシーンの区切りを気にしない分場面内であちこちに分岐させやすいと思います。
稲田・琴音: あ、キムラ先輩、おつくもさまでした。
蜘蛛美・由良: なるほど~。それぞれにメリデメがあるわけなのですね~。
稲田・琴音: と、すみません。脱線させてしまいまして……話を戻しましょう。
蜘蛛美・由良: またしても脱線ですが、私、シルバーレインRPGの父ともいえる安道やすみち先生と直接お話しをしたことがあるのです。
GM: ほむほむぅ!オフ会でかいなぁ?
蜘蛛美・由良: はい、オフ会です。何故従来のTRPGに使われるダイス判定ではなく、カード判定になったかと言うのも聞きました。
鐶葉・桂: フム? 気になるなそれは
*server*: [桜坂・祭子]が接続しました
蜘蛛美・由良: くもばんわ~。
蜘蛛美・由良: えっとですね、(メモを取り出し
桜坂・祭子: くもばんはー。はじめましてー
GM: くもばんはぁ~♪
鐶葉・桂: ム、くもさしぶりだな(ぇ
桜坂・祭子: くもさしぶりー!
桜坂・祭子: とりあえず言葉の中にクモを入れるということはわかったよ!(キラッ
夢祇・伊留麻: こんばんはじゃよー
蜘蛛美・由良: 最初、富の上様に依頼されたときは、ダイス判定をする物で頼まれたみたいなのです。
GM: ほむほむ…
稲田・琴音: 桜坂先輩、くもばんは。初めまして、よろしくお願いしますね。
蜘蛛美・由良: でも、安道先生が「カード判定の方がロールのしやすさとかもあるな」と、ノットダイス判定で申請したら「良し、それがいいですね!」と上様が受諾してしまったらしいです。
蜘蛛美・由良: 大人の事情もぐっだぐだ なのですね。(くすくす
鐶葉・桂: まさに行き当たりばったりだな
桜坂・祭子: うん、くもばんは……いや、会った事があるよーな?とにかくよろしゅーなー>琴音ちゃん
稲田・琴音: (あ、そう言えば確かに、どこででしたか一度お目にかかったことが……失礼しました;)
GM: まぁ質問の方に関してはセッションシナリオの種別にもよるけど、適度な所で区切った方が連続でやるより疲れずに済むからそれを試してみたらええと思う言うことで?
桜坂・祭子: (おきになさらずー)
稲田・琴音: でも、シルバーレインのロールカードシステムは、初心者への門戸の広さと言う点で非常にいいと思います。もちろん、ダイスを振らないとさびしい方もいらっしゃるでしょうけど、それは普通入門者じゃありませんものね。入門者にはロールプレイがしやすくて判定もわかりやすいと思います。
桜坂・祭子: 手元にいいカードがこないとなのはダイスと同じで運任せだクモ
鐶葉・桂: そこまでクモつけんでもいいと思うが
稲田・琴音: 苦もなく会話出来ませんものね、つけ過ぎると。
蜘蛛美・由良: 当たりやすさとか、PBWの方ではダイス式判定法なのですが、TRPGの方では、ダイス式じゃないので、完全コピーとまでは行かなかったでしょうですね~。
桜坂・祭子: ちょっと新ジャンルぽくてかわいいとおもたよ
桜坂・祭子: ジョブの使いやすさが違うのも斬新で嫌いじゃないな
夢祇・伊留麻: ほむ・・・
鐶葉・桂: ファンブルとかないから、ある程度ステータスあればほぼ必中になることもあるしな
夢祇・伊留麻: んー・・・そろそろ落ちるのー
GM: その分行動にバリエーションと分かりやすさができたんはええと思うなぁ♪私サイコロ売ってるところ近くにないし;
桜坂・祭子: うむ、おつかれいるまんー
蜘蛛美・由良: いるまんはおつくもさまなのです~。
夢祇・伊留麻: 御疲れ様じゃよー
鐶葉・桂: ム、お疲れ様だな
夢祇・伊留麻: またのー
*server*: [夢祇・伊留麻]が退室しました
蜘蛛美・由良: でも、案の中には、ロールはカード、戦闘はダイスという、併用制も考慮にはあったらしいです。
稲田・琴音: 夢祇先輩、おつくもさまです。
GM: またなぁ~;
桜坂・祭子: わかりやすさ重視かー
GM: まぁ遊びである以上分かりやすさは重要やと思うよぉ♪
鐶葉・桂: まあ確かに、あまり複雑だとルール覚えるのが面倒だからやりたくない、という人はふえるだろうしな
蜘蛛美・由良: そういえば、当たりやすさが◆の半分の▲ってのは、どういうルールなんです?
稲田・琴音: 門戸を広げるには、まずそれでいいと思うんですよ。慣れたら他のシステムも遊びたくなるでしょうし、その上で自分の好きなシステムを覚えて行けばいいんだと思います。
GM: サイコロやとランダムすぎてそれこそ攻撃力3とかになる可能性もあるしなぁ;
稲田・琴音: ▲は、メガリスクライシスで命中の達成値が-2されたと聞いてますね。
蜘蛛美・由良: なるほど~。妥当なような、下げすぎなような……。
桜坂・祭子: 実はメガリスクライシスはまだ買ってない。うぐぐ、リアル★が……
桜坂・祭子: 妥当かどうかってのはやらなきゃわかんないなー
鐶葉・桂: 奥儀使ってようやく無印と同じ判定値か……
蜘蛛美・由良: メガクラは持っているのです~~。それに載ってた黄金のアクイラというメガリスが欲しいのです~~♪
鐶葉・桂: メガリスを勝手に作ってセッションできるようにもなってたな
桜坂・祭子: メガリス個人所有となーすごい野望ー メガリスって勝手に作っていいもんだったのかー
稲田・琴音: 今までプレイした感覚からしますと、-2されて命中に困るのは普通は中ボスかボスくらいなものですから、GWの排除用としては未だに変わらず強力だと思いますよ。
GM: ほなら桂さん、次のお便りどうぞぉ♪なるべくメガリス関連の質問引くようになぁ♪
蜘蛛美・由良: メガリス作成ルール、あれはルールと言えるのでしょうかねぇ。//最近は他人に貰った装備でTRPGで大ボスにもなれちゃうのですよ、私。
鐶葉・桂: フムウ? メ、メガリス関連……
蜘蛛美・由良: このメガリスはどんな場所に眠っているかとかでもおっけーです?(ぉぃ
GM: なんかこう、気合いとくじ運で♪(∑b
鐶葉・桂: ム、ムムム……よし、これだっ……PN,「恨みます」さんから……
稲田・琴音: えっと……カミソリ入っていませんよね?そのお手紙(笑
桜坂・祭子: おお、本当にらじおっぽい(かんしん
蜘蛛美・由良: なったら…能力者権限で送り主をさばk(ピー
GM: おっと放送事故が…♪
鐶葉・桂: 「ホワイトデーなんて大嫌い! ところで、メガリスってなんでそんな制御もロクにできないもの作ろうとしたんでしょうね?」だそうだが
稲田・琴音: もしかしたら、メガリスを作った古代の人々は、代償を受けなくてもいいくらいに制御していた可能性だってありますよ?
GM: 本来の性能を、世界結界の持つ常識が阻害している可能性もあるしなぁ
鐶葉・桂: 結構メガリスって、よくそんなもの作る気になれたな、と思えるもの多いよな
蜘蛛美・由良: あるいは、一度忘却期間を挟んだことによって耐性がなくなってしまったのでは?
鐶葉・桂: ああ、大人が能力の発現に耐えられなかったみたいにか……
GM: あぁそれあるかも、実際ゴーストに一般人太刀打ちできへんし
桜坂・祭子: 昔は破壊しないで使えてたりしたのかな?
GM: 見えざる狂気とかもなぁ
GM: 最初の報告例によると、魔法的な力であっても直接世界結界が自らの異常を運命予報士に知らせるようなことはない…あくまでメガリスは常識内の代物らしいなぁ…
蜘蛛美・由良: そういえば、私たち土蜘蛛の破壊効果、無限繁栄って、瑠璃硝子の蜘蛛の通常の能力と近い気がしますよね~。
桜坂・祭子: あれで常識内のものなのかー(ほえー
GM: 最初に大帝の剣をゲットした時の報告によればー?
鐶葉・桂: フム、世界結界があろうがなかろうが関係ないのか……
稲田・琴音: 人間の常識って結構柔軟ですからね。例えば、番組の最初の方でちらっと出た将門公。あの方絡みで何かあっても、「将門公なら……」と結構納得してしまいますよね?これもまた「常識」なんだと思います。
GM: まぁせやからこそ厄介を被ってきたんやけど…
鐶葉・桂: ……もしかして、世界結界があってもメガリスを作成する、とかは可能だったのだろうかね?
蜘蛛美・由良: 最初の頃は私の知り合いはいなかったので分からないのですよ~。
桜坂・祭子: 神話の類もそういう話なのかね
GM: 三大宗教の偉い人とかがいつか襲来しそうやぁ…;
鐶葉・桂: 或いは、破壊効果だったり? フェンリルもそうだったし
稲田・琴音: それは多分、第二の結界「大人の事情」で実現しないのではないかと……>三大宗教
GM: 顔的に、ダラ・・・(放送事故
鐶葉・桂: ダラ……?
蜘蛛美・由良: 私のセッションでは、メガリス“三種の神器”が出てきますが、実際にPBWでも出そうですよね~。
稲田・琴音: でも、三種の神器を「破壊」するとなるとこれも何となく大人の事(結界
鐶葉・桂: 国宝っ!? 危険すぎるΣ
*server*: [水繰・咲乱]が接続しました
稲田・琴音: 水繰先輩、こんばんは。
桜坂・祭子: はじめましてこんばんはー
GM: いやいや、三種の神器って今は公認で殆どレプリカらしいし、実は本物はこれやったーでも通じると思いますえ~?
水繰・咲乱: こんばんは。
GM: くもばんはぁ~♪
蜘蛛美・由良: 復活するのだからいいのですよ~~。
蜘蛛美・由良: くもばんわ~。
桜坂・祭子: 国宝でなくても金閣寺あたりが爆破されでもしたらすごいことになりそうだぞ
鐶葉・桂: くもばんはのはじめまして、だな
水繰・咲乱: そして、祭子ははじめまして。琴子は久し振り。
GM: はじめましてぇ♪メインパーソナリティの燕糸踊壺言いますえ♪
水繰・咲乱: 桂に由良、踊壷、だな。よろしく(一礼)
鐶葉・桂: アシスタントの鐶葉です(ぇ
蜘蛛美・由良: ゲストの由良です~。
水繰・咲乱: ラジオが好きなんでつい引かれて遊びに来た。・・・ふむ、ゲストか・・・
桜坂・祭子: 同じくゲストー……でいいんでしょうか
水繰・咲乱: そうなるん?
鐶葉・桂: アシスタントは冗談で。ゲストの鐶葉桂<たまきば・けい>だ。以後、宜しく頼む
蜘蛛美・由良: まぁ私は「友好」と言う意味でのゲストですが、もしかすると、土曜の夜なら参加できるかもです。
GM: まぁここは来た人すべてが出演者やさかい♪
*server*: GMメモが更新されました
水繰・咲乱: こちらこそ、よろしくだよ>桂/りょーかい♪じゃ、楽しませてもらうよ>踊壷
水繰・咲乱: 実は自分の結社にはだしていたが、午後9時から午前0時まで雑談しようと窓あけしていたが誰も来ないので窓をしめてきた。ログもつけていない。
稲田・琴音: さて、メガリスについての結論、桂先輩は結局どう思われますか?(マイクを向けました
*server*: [稲田・琴音]がオフラインになりました
桜坂・祭子: 社長の懐の深さに感動したー
GM: にゅっふっふ♪
鐶葉・桂: アレが世界結界の影響をうけないものならー
水繰・咲乱: ん?メガリスの話をしてたの?>結論とかでてた
GM: おっと放送事故…
*server*: [稲田・琴音]が復帰しました
GM: おかいとぉ~♪
鐶葉・桂: もしかしたら現代でもメガリスをつくれる人がいたんじゃないか、などと思うとロマンを感じるかもな?(何
鐶葉・桂: ム、おかいと
水繰・咲乱: ふむふむ…お、おかえり。
稲田・琴音: ただいとです。今日もMDGは猛威を揮っています……。
GM: 一人一人の背後さんからの質問メールに答えるいう企画なんですえ~♪
桜坂・祭子: おかえりー
GM: メガリスドライブゴースト…
鐶葉・桂: なんていやなゴーストだ
水繰・咲乱: ああ、なるほど>踊壷
水繰・咲乱: メガリスドライブゴースト・・・電波乗っ取り型?
桜坂・祭子: あたしも今知った(けらけら
蜘蛛美・由良: メガリスは、能力者集団レベルで力を物品に結集させて作るんじゃないのですかね?
桜坂・祭子: 巨大メガリス「サーバー障害」
鐶葉・桂: 電脳メガリス……
水繰・咲乱: あったらこわいよな~、電脳メガリス。実は校長のパソコンのなか・・・ってそれじゃ微妙
GM: 蜘蛛美さんの説が正しければありえへん事もないやろうなぁ…;>巨大メガリス「サーバー障害」
水繰・咲乱: あと、サーバー障害が巨大メガリスだったらいやだなぁ…;
鐶葉・桂: サイバーテロも起こせそうだ
蜘蛛美・由良: 能力、障害・代償、障害。
桜坂・祭子: わー、役にたたなそー
水繰・咲乱: …どっちにしろ、ある意味怖くないか?>能力も代償も障害
鐶葉・桂: いや、きっと
鐶葉・桂: 能力:ネット的障害を引き起こす。代償:身体に障害が出る
水繰・咲乱: ……いーやー;
鐶葉・桂: (これで二次元も三次元も封鎖されたZE!by背後
GM: メガリス作成なら、宇宙からの物体Xも可能やろうなぁ~形状と文化圏をX(その他)にすれば
水繰・咲乱: 微妙に展開が違う気がした?!
稲田・琴音: つまり、超巨大メガリス「猿の惑星」に、対猿の惑星用のメガリス「コバルト爆弾」とかも……(もっとひどい展開に
鐶葉・桂: そして能力者vsエイリアンになるわけだな
GM: ていうかこれXにしたらサーバー障害も何も思うがままやな
鐶葉・桂: そのうち、メガリス「アカシックレコード」とか出てきそうな流れだな
桜坂・祭子: 世界結界が過労死しそうにゃな
鐶葉・桂: 少なくとも日本上空では過労死してる
桜坂・祭子: あれは物質なのかー>アカシックレコード
水繰・咲乱: ……ごめん、クトゥルフとか思いついた俺ってだめなのかな?
GM: あーやりたくなった。(ぉぃ>アカシックレコード
桜坂・祭子: あたしもちらって思い出したから大丈夫だよ!!>クトゥルフ
蜘蛛美・由良: もう良いじゃないですか「メガリス:世界」で。
GM: あれは一種のシュレディンガーの猫やからなぁ…
鐶葉・桂: クトゥルフの邪神軍登場……
水繰・咲乱: そしてアカシックレコードはなんかいやだわ…なんでもありだろ?・・・ってよかったーっ!!クトゥルフ思いついた人がいたー!
稲田・琴音: 何だか、ドミニオンみたいな流れ……(ビーストバインドなんて知りません)
GM: 見るまで何かわからない、でもわかったら問答無用でその通りになる…。
鐶葉・桂: いや、せっかくカードなわけだし
GM: ぁー
桜坂・祭子: むしろうちの学校自体ひとつのメガリス
鐶葉・桂: ドミナリア発見→メガリスにファイレクシアの文明とかミラーリとか……(待
GM: これな>クトゥルス
【リ】(No.20)
水繰・咲乱: (ビーストバインド…なつかしぃ)てか、邪神とか出たら…俺達正気度チェックなんどしなくちゃいけないんだろ?学校がメガリスはなんとなくなぁ。ありえそうでこわい。
水繰・咲乱: ん?
桜坂・祭子: 能力者はプレインズウォーカーでもあったのかー
蜘蛛美・由良: PBWにこんなゴースト出たっけ??
鐶葉・桂: 工事現場のクラゲみたいなヤツじゃないか?
水繰・咲乱: ごめん、見れない;
GM: 私達が編入する直前やねぇ~
桜坂・祭子: ちょー強そうに見える
水繰・咲乱: あー、はいはい。
GM: ほら伝説の犠牲者多発の臨海学校。
水繰・咲乱: これってすものにして食べたくないよね。
桜坂・祭子: イナゴって見た目アレだけど美味しいらしいよ?(キラッ
蜘蛛美・由良: 私はそのまま食べたいmのですよ~。
水繰・咲乱: 今日の昼、クトゥルフTRPGリプレイを読んでいて微妙にそんな敵がラスボスだったのを思い出しました。
GM: 寿司はうまいでぇ~刺身もうまいでぇ~
水繰・咲乱: (背後l
水繰・咲乱: いや、これはサラダだろ?(ぇ
GM: たたえっよ海産物~♪
桜坂・祭子: 海産物……(じゅるり
鐶葉・桂: 質問です
稲田・琴音: えーと……そろそろ、私もお手紙引きましょうか(笑
GM: ハイな?(サケとろ丼むぐむぐ
鐶葉・桂: 陸鮫は海産物ですか(ぇ
GM: ・・・
GM: はい次行ってみよー♪
桜坂・祭子: おいにゃ。琴音ちゃんどーぞー
蜘蛛美・由良: パーソが何か食べてる~~っっ!
鐶葉・桂: スルーされた!?Σ
水繰・咲乱: たぶん、海産物じゃないとおもうぞ、桂。
桜坂・祭子: あーあれは海産物でいいんじゃないかなあ(てきとう
蜘蛛美・由良: 陸産物でばんじおっけ~
鐶葉・桂: 陸産物……
GM: うにゃ?みんなたべる~?月見さけとろ丼~
水繰・咲乱: なのかなぁ>陸鮫
桜坂・祭子: たべゆー
水繰・咲乱: あ、よかったら俺もください。うまそうだ!
鐶葉・桂: ム、では俺もいいか?
GM: この前家族全員に奢って背後が財布のダイエットに成功しましたえー
稲田・琴音: ええと……あ、これにしましょう。えーと……諏訪在住の、P.N守矢さんからのお手紙です。
蜘蛛美・由良: 財布のダイエット……。
GM: ともあれ(出前PIPOPA
桜坂・祭子: わーい社長のおごりでただめしだぞーい
水繰・咲乱: …うわぉ>財布がからっぽ こんどは俺が何か作ってくるわ;
GM: ケロケロ~♪
蜘蛛美・由良: か~え~る~の~う~た~が~。
稲田・琴音: 「セッションをやってみようかと思っても、一人ではどうにもなりません。でも、周りでTRPGに興味がありそうなのが誰かまだよく判らなくて……こういう時は、どうすればいいのでしょう?」
水繰・咲乱: 質問してみるとか
GM: 思い切って結社でスレ建てて意見を求めるんがええかもな?
水繰・咲乱: 当たり障りのない会話から入って「なぁ、TRPGってしってる?」みたいなかんじでさ。うちの背後もそうだったけど。
鐶葉・桂: オフの話か?
GM: ふにゅ、そうやなぁ~…
桜坂・祭子: あたしも咲乱くんと同じ感じ。面白い文庫ない?でリプレイを突きつけるもよし。ただし上級者向けだ……!
水繰・咲乱: 俺のは背後の体験談を聞いてそこから。
蜘蛛美・由良: 根気よく聞きまわる:気魄で10 丁寧に説明して好きになってもらう:術式で8 勘でわかる:神秘で14
GM: (ごくん)TRPGって意外に知名度低いもんなぁ・・・ほむ?>体験談
水繰・咲乱: うん。背後がTRPGやってて。高校時代に何人かに聞いたらしい。で、ヒットは1人だった、と。
桜坂・祭子: ロードスとかD&Dとかはビデオゲームもあるしそこから攻めるのもアリかもね
稲田・琴音: そうですね……この場合、オンでいいんじゃないでしょうか。セッション知識の蓄積を目的としたこの企画自体が、PBW発祥のものですし。
水繰・咲乱: あー、なつかしい。でもやったことはないなぁ。オンラインセッションは見た意見だけど一度やってみたいぜー。ルルブないけどな。
鐶葉・桂: 一応、HPの仲間内で何度かあるな
蜘蛛美・由良: 戦闘くらいだったら時間がある時に開きますよ~。
水繰・咲乱: (未体験だな;
桜坂・祭子: DDのルルブはヒデヨさんが数人いなくなるぞー(ぶるぶる
桜坂・祭子: もしよかったらあたしも参加させてください>由良ちゃん
GM: 結社仲間内で最近初セッションの前半終わった所やぁ。
蜘蛛美・由良: 参加者大歓迎なのですよ~。
水繰・咲乱: 違うの。シルバーレインTRPG。ルルブが近所の本屋にあったのにそんとき持ち合わせがなくて買えず…。そしてDDのルルブは親戚からもらう約束がすでに5年以上も待たされている。
稲田・琴音: 実は、シルバーレインに限ってのことなら、GMさえルールブックを持っていれば、他の参加者全員がルールブックを持っていなくても、武器覚醒のことさえ考えなければ問題なかったりするんですよね……。
蜘蛛美・由良: 近所の谷島屋で取り寄せ注文なのです。
GM: るるぶの用意でなくともオンセならググって調べることもできるし、気楽にできるいうイメージもたせるんが一番やと思うよぉ♪
水繰・咲乱: ルルブがなくてちんぷんかんぷんだが・・・ってマジか、琴音!? ……1度オンラインセッション、体験してみたいなぁ。ただ、背後の仕事が早いから土曜の午後か日曜・月曜ぐらいしかせきないけど;
GM: 武器覚醒とか使役ゴーストのデータとかは、誰か一人でもルールブック持ってたら教えてもらうんが可能やしね。
蜘蛛美・由良: 私も土曜ならいけますです・
水繰・咲乱: あー、なるなぁ
鐶葉・桂: フム、俺も今は暇だしな
桜坂・祭子: 同じく土曜なら。いまのところは。
水繰・咲乱: ……背後が動けるなら;
蜘蛛美・由良: では、来週の昼とかどうでしょう?
桜坂・祭子: ん、あたしはおっけ。
水繰・咲乱: 来週の土曜の昼?>由良
蜘蛛美・由良: 来週の土曜の昼です~。…っと、かなり脱線しそうなうえ、これ以上ここでこのことを発言するわけには…(番組的に…
稲田・琴音: もうちょっと早ければ四回目のセッションにお誘いできたのですけど……今となってはもう少し待ちですね、私のセッションのほうは; 由良さんにお任せします>水繰先輩
GM: 私は残念やけどこれへん;来週はセッション終わったら予定があるんよー;
蜘蛛美・由良: あらら~。
鐶葉・桂: フムゥ……
水繰・咲乱: ん。了解だ、琴音。 来週の土曜の昼か…由良、俺の背後が午後3時以降しかネットに入れないんだわ;それでもいいのならお邪魔させていただきたいが…
蜘蛛美・由良: では準備時間が30分くらいで、3時半ごろから開始の予定で良いですかね?戦闘だけですけど。
桜坂・祭子: あらら。
蜘蛛美・由良: あ、思いだした。来週の土曜は私オフ会に出るんだった……。
桜坂・祭子: にゃおー!
水繰・咲乱: あら。 まぁ、別の機会にでも。オフは一度も行ったことないなぁ
蜘蛛美・由良: 再来週は背後さん、ピアノの発表会なので、その次なら空いてるかも……。仕事さえ入らなければ。
水繰・咲乱: 無理しなくていいよ。うまいぐあいにタイミングがあえばその時に。
稲田・琴音: では、水繰先輩も初TRPG希望、と覚えておきますね……(メモメモ。そういう人を積極的に選んでセッションにお誘いしています)
水繰・咲乱: それに、俺もちょっとさがしてみるわ。あ、琴音、ありがとな。オフだったら多少はあるけど、オンラインは全くないからな;
桜坂・祭子: オンは別ゲならやったことあるけどこのゲームはないね
蜘蛛美・由良: 予定が開いたら、お手紙出しますね~。
桜坂・祭子: オフと同じくおもしろいよー
GM: ほむほむ…♪そうやなぁ…MDでこういった番組を一般化すればこうして参加希望の状態とか知ることができて便利かもなぁ♪
水繰・咲乱: ふむ?どんなの?>祭子 /ありがとう。>由良>楽しみにしているよ~
蜘蛛美・由良: 私もこういう番組持とうかな~。
桜坂・祭子: アリアンロッドとかソードワールドとか、メジャーどころならオンラインセッションのサイトは結構あるよ
GM: ふっふっふ、どんどん増殖するとええよぉ~ちょっと予定合わせが難しいけど
水繰・咲乱: へぇ~、そうだったんだ。過去にクトゥルフのオンセリプレイを読んだことあるけど…アリアンロッドかぁ、やりたいなぁ~♪ ソードワールドは・・・なつかしすぎる;
稲田・琴音: ブレイドオブアルカナのオンラインが増えたら背後さんが狂喜乱舞します……(ぽつり
GM: でも私が知る限りオンセに一番向いとるんは銀雨なんやよなぁ
水繰・咲乱: それはオフでもやったことがない。あと、背後がダブルクロスをやりたいらしい>オフで
鐶葉・桂: 背後、クトゥルーに非常に興味があったりする・……やりたいと思っているのだが、機会が持てないな……
稲田・琴音: ですね。何より、セッションがスマートにまとまりやすいですから>オンセ向き
水繰・咲乱: クトゥルフ…背後がTRPGを始めたころはよくセッションで卓が立っていたが最近はどうだろう?>クトゥルフの呼び声
蜘蛛美・由良: クトゥルーがタトゥールに見えてしまったこれは……。
桜坂・祭子: 背後的に嬉しいのはエムブリヲマシンなんだけど……ないね(ぽつり
桜坂・祭子: ファットイズタトゥール?
鐶葉・桂: タトゥール?
水繰・咲乱: タトゥール・・・?
稲田・琴音: クトゥルーは一度だけやりましたけど……あれは、相当に慣れたプレイヤー向けですね。PCの行動をしっかり頭を使って考えるのに慣れていないとあっという間に……です。ホラーですものね。
桜坂・祭子: ん。でもせっかく専用チャットソフトがあるんだから、やっぱり銀雨やってみたい!
蜘蛛美・由良: いや、タトゥールってなんでしょうね……。
鐶葉・桂: 知り合いは猟銃を手に入れて「これで無敵だー!」と特攻したらその瞬間死、とかあったらしいな
鐶葉・桂: それを聞いて以来……
蜘蛛美・由良: にしても、ラタ・トゥーユは美味しいのですよ~。^^
蜘蛛美・由良: ごめんなさい、どうでも良かったですね。
鐶葉・桂: まぁ、ここにいる全員でー、とかそう言う事を言わないなら
鐶葉・桂: 誰かセッション部屋をつくって早い者勝ちという手も……(待
稲田・琴音: そう言えば背後さん、オンラインで私をほとんど使ったことがないんですよね……。
水繰・咲乱: ラタトゥイユは好きだな~。そしてクトゥルフは…ネットでTRPGリプレイ読み漁って怖い思いを何度した事か(待
水繰・咲乱: オンラインセッション、銀雨でやるなら「登録したいができない俺の義理の弟をPCにしたい」そうな
蜘蛛美・由良: サイレントヒルとか、バイオハザードもTRPG化するといいと思うのです……。
水繰・咲乱: それはそれでこわいとおもう
鐶葉・桂: どっちも、なんとも……
蜘蛛美・由良: もちろん、部屋を暗くして、テーブルの真ん中に蝋燭立てて……(ぶるっ
稲田・琴音: バイオハザードTRPG,ちょっと違いますけどありますよ?
蜘蛛美・由良: 怖いのです……。
GM: あるんやなぁ~…;
水繰・咲乱: やっぱあったか…>バイオハザード
稲田・琴音: ガンドッグと言うTRPGのシナリオに、そのまま「生物兵器研究所からの研究者のSOSに応えて現地に向かってみれば……」ってシナリオがあるんです。B級ですけど。
桜坂・祭子: みんなでメイドRPGやろうぜ!(キラッ
GM: さて、じかんもか~な~り~超過しとるけど全員分なんとかやりきる勢いでがんばろー!!
水繰・咲乱: ああ、それか!>ガンドック。リプレイがあったな
蜘蛛美・由良: いっそ、銀雨るーるでバイオとか。
鐶葉・桂: そういえばすっかり脱線してたな
鐶葉・桂: というか、そんな事せずとも
稲田・琴音: あ、すみません。激しく脱線を……;ええと、戻りまして。
水繰・咲乱: す、すまない。俺が原因だな;
桜坂・祭子: のりのりでいってみよ?
GM: だいじょうぶやよー♪
鐶葉・桂: 舞台をそれっぽい場所にすれば、そのままバイオになる気がするが
鐶葉・桂: 実際銀雨って「ゾンビとガチで殴りあうバイオ」みたいなものだしな
水繰・咲乱: な、ならいいのだが……。そして、バイオか。銀雨ルールでバイオはありだな。しかし教師ができないっ!
水繰・咲乱: あー、それは言えている。
GM: たしかにぃ
桜坂・祭子: ほむん、中途半端な時間になっちゃったけど、あたしも落ちるです?
鐶葉・桂: ム、お疲れ様だな
水繰・咲乱: あ、おやすみなさい。祭子、良い夢を。
桜坂・祭子: むむーん。また来ると思うから、みんなひとつよろしくねん。
水繰・咲乱: おう!
稲田・琴音: 私の場合、メンバーを集めるにはまずMDで会話をしてみて、「緊張せずに一緒にセッションをやれそうな人」を見つけて声をかけていますね。これは慎重派としましても、結社で一声かければ結構人は集まりますし、経験が少なくても協力してくれる人もたくさんいますよ?何だかんだで、PBWの利用層にはTRPG者が結構多いものですから。
鐶葉・桂: 能力者の代わりに一般人ブチ込めばバイオハザード一丁あがりだな
稲田・琴音: 以上、お便りへの回答でしたー。
稲田・琴音: あ、桜坂先輩、くもすみなさい♪
水繰・咲乱: なるほどねぇ、琴音。そして……桂。すごくおもろい一言ありがとう。お陰でなんか背後の創作意欲が駆り立てられるよ
GM: くもすみなさいなぁ~
桜坂・祭子: よこちゃんしゃちょーも。折角結社枠が空いてるから入団させてもらうかもだ。よろしゅー♪
鐶葉・桂: ム、くもをわすれていた。おつくもさま、だな
桜坂・祭子: それじゃ、くもすみなさーい!
水繰・咲乱: おやすみ
*server*: [桜坂・祭子]が退室しました
水繰・咲乱: んーあと何通おたよりあるん?
鐶葉・桂: ム、助けになれたなら何よりだが
稲田・琴音: 今日のこのコーナーでは、あと一通(上から一人一人お便りを読んでいく形式ですので)ですね。
蜘蛛美・由良: 祭子さんと結社でも話せるのは楽しみですね~。
水繰・咲乱: ふむ、どんなないようだろう?
水繰・咲乱: あー、俺の所属する『猫好き同盟』か『宵闇館』に友好を結んでいただけると俺も遊びに行けるな、踊壷
GM: うにゃ♪しんせいしましょおかぁ?/うにゃにゃ、水繰さんが本日最後のたんとうやねぇ♪
蜘蛛美・由良: ゆらゆらとも友好なので行けるのです~♪
鐶葉・桂: ム、友好……俺の結社とも、いいだろうか?
GM: ええよぉ~♪
鐶葉・桂: ム。感謝だ
稲田・琴音: (えっと、TRPGでよく遭遇する疑問を思い出してお便り形式で読み上げ、皆でセッションのノウハウを蓄積しようとそういうコーナーなのです♪)>水繰先輩
GM: (「○○県の○○さんから~」って感じで背後からのオンセに関する質問を言ってなぁ~
水繰・咲乱: 頼む。あ、結社長は俺じゃないから「そちらの結社員からたのまれた」とでも書いていただけると嬉しい。『猫好き』は4月から俺が結社長だが;
水繰・咲乱: んー最後のお便り?か。熊本県のRN明日は我が身さんから。
蜘蛛美・由良: わっとっと、私は本日撤退の時間なのです……。
GM: うぃうぃ♪
鐶葉・桂: ……明日は我が身がどうなるのか、激しく気になるが……
蜘蛛美・由良: 乙蜘蛛様です~。
鐶葉・桂: ム、おつくもさまだな
GM: うにゃ、くもすみなさいなぁ♪
水繰・咲乱: 「銀雨って……無限より長く続く気がするんですが、気の所為ですか?」だそうな。お、由良はおつかれさまだな
*server*: [蜘蛛美・由良]が退室しました
GM: 銀雨 イズ ふぉーえばー!!!!!
水繰・咲乱: そうくるか!!
稲田・琴音: 蜘蛛美さん、お疲れ様でした。くもすみなさい。
鐶葉・桂: それは、答えなのか?
稲田・琴音: 「気のせいではありません」
GM: ふっふっふ、少なくとも私がボンキュッボンな大人になるまでは終わらせるわけにはいきませんえ~♪
鐶葉・桂: つまり、永遠……(待
稲田・琴音: ……きっとなれますよね?(遠い未来を見つめながら)>ぼむんきゅっどかーん
GM: いや、ロリコンさんにはざんね
水繰・咲乱: ……あっさりとした答えありがとう。ああとおたよりによると「無限がのこり1年で終わる気がしないし、銀雨はそれ以上続く気がするが」ともある。
鐶葉・桂: だから俺はロリコンではないというに∑
GM: 言うてはならん事をいうたなおぬしっ!!>永遠
水繰・咲乱: ……いずれ俺が銀誓館で教鞭をとりつつイグカを手に戦うのも夢ではない、と。でもそうなると嫁さんを実家の旅館に置いていく可能性も(汗
GM: (クワー
鐶葉・桂: ……ところで、燕糸ちゃん
GM: はいな?
鐶葉・桂: 二十分ほど過ぎてしまったが、ホワイトデーのお返しのクッキーだ(ハート型のラッピングされた大きなクッキー渡し
鐶葉・桂: (サンドクッキーらしく、中にクリームが入っていて……そして、そこから赤いナニカが覗いているという/ぇ
GM: ぉー…♪ありがとぉなぁ♪(受け取り
水繰・咲乱: ……桂。その赤いの何?
GM: ∑>何か
鐶葉・桂: ……ナンダロウナ
GM: ・・・・・・(ひとかけらとり
水繰・咲乱: ・・・・たかのつめ?
鐶葉・桂: 琴音ちゃんはこっちな(可愛くデフォルメされたクモ型のクッキーが入った袋を渡し
GM: (ぱく
稲田・琴音: あ、どうもありがとうございます♪(新型お披露目しつつ)
鐶葉・桂: (中身:豆板醤とキムチとトウガラシをミックスした練り物
鐶葉・桂: <赤いナニカ
水繰・咲乱: ……桂。おれにもそれをくれ
鐶葉・桂: ム? サンドクッキーの方か?
稲田・琴音: (自分のも一枚食べてみる)
水繰・咲乱: あと、俺からはチョコチップクッキー。マカデミアンナっツ入りを。/うん。それ>桂
GM: ・・・(硬直
鐶葉・桂: ム、では試作品の方を(こっちはクリームで隠されていない
GM: ふ…ふにゃぁ~~ん;;;(泣
水繰・咲乱: んじゃ、いただきますっ(ぱくっ)・・・・あ、これは案外いけるわ。
鐶葉・桂: Σ
水繰・咲乱: そして踊壷はお茶を。
稲田・琴音: 桂先輩……(じーっと
鐶葉・桂: お、落ち着け燕糸ちゃん、泣かないでくれ、な?(ぁ
水繰・咲乱: んー、辛いものはある程度兵器。まぁ、ちょっと辛かったが・・・って泣かすなや;
鐶葉・桂: つ、冷たい視線が!?
*server*: [水繰・咲乱]がオフラインになりました
水繰・咲乱: (生暖かい視線だが、温度が下がっていく)
鐶葉・桂: わ、悪かった……ほらこれ、口直し(色とりどりのチョコレートの入った箱を渡し
*server*: [水繰・咲乱]が復帰しました
GM: にゃぅ…(ごくごく)くすん、くすん…ひどいわぁ…ちゃんとしたチョコ(も、こっそり)あげたんにぃ……
鐶葉・桂: ……死にかけた記憶が……(ぁ
水繰・咲乱: …つか、すまん; ってか…泣くな…(頭なでなで
水繰・咲乱: (どこか冷たい笑顔で)流石に年下にそれは若干ないきがしたよ、桂(肩ぽむ
GM: ふにゃぁぁん;;;(泣
稲田・琴音: ……(少し考えて
鐶葉・桂: わ、悪かったから……泣きやんでくれ、な?(撫でつつ
GM: くすん…ひっく…
GM: (懐からアイ●ン
水繰・咲乱: ……踊壷、水とかクッキーとかあるし、な?とりあえず辛い成分を…
水繰・咲乱: ってなにだしたーっ?!
稲田・琴音: ……あっ、窓の外にフライング般若蜘蛛がタイガースのユニフォームを着て飛んでます!(いきなり大声をあげて指差してみました
GM: (●イボン
稲田・琴音: (やっぱり……と思ってしまいました:笑
水繰・咲乱: ・…ろーっこうおろーしにー♪
鐶葉・桂: ア●ボン……?
*server*: [黒崎・秀一]が接続しました
鐶葉・桂: ほ、ほら、ここに色とりどりの今度こそ甘いチョコが……
GM: ふっふっふ、人前で声出して泣いたことないんが私のひそかな自慢ですえ♪
鐶葉・桂: ム、こんばんは、だな
稲田・琴音: 黒崎先輩、こんばんは。
黒崎・秀一: こんばんわしていいのかわからんけどこんばんわ?
GM: くもばんはぁ~
鐶葉・桂: ……今、声だして泣いたよな(ぁ
水繰・咲乱: お、こんばんはだな、秀一
水繰・咲乱: あと、今気づいた・・・桂なにげに先輩だったわ
稲田・琴音: さて、何はともあれ、お便りコーナーの次に参りましょうか、そろそろ?
GM: ロリコンやけどな
鐶葉・桂: だからロリコン違う∑
黒崎・秀一: ロリコンなのか。
GM: というかそろそろ番組しゅうりょうしとこかぁ♪
稲田・琴音: (録音機器のボリュームをminに下げました)>ロリコンとか
水繰・咲乱: うーん; すまんなぁいろいろ;
鐶葉・桂: ロリコンではないからな∑
水繰・咲乱: 桂先輩はどんまい。いいことあるっすよ。
鐶葉・桂: ム、ムゥ……
GM: 大丈夫やよぉ、脱線してこそのMDや♪
水繰・咲乱: む。ありがとな。MD導入して日が浅いもんでな;
GM: という訳でこの番組は、雨の日も傘をさして安心♪運命予報仕組合と
稲田・琴音: 水繰先輩の脱線なんて、全体量からすれば何ほどのことも。私が主犯の一人なのは確実です;
*server*: [水繰・咲乱]がオフラインになりました
鐶葉・桂: むしろ、淡々と作業こなして脱線しないMDって不気味だ(ぇ
鐶葉・桂: ゴーストトラブル解決します。日本能力者協会の提供でお送りいたしました
GM: 来訪者のつよーいみかた、蜘糸商会の提供でお送りしましたえ♪
GM: …(カメラの電源切り
GM: にゃー、とりあえず水繰さんが戻ってくるまでタイトルは変えられへんかな
鐶葉・桂: おつくもさま、か?
GM: おつくもさまやねぇ♪
稲田・琴音: Who you gonna call? Ginsei Busters!(ぇ>ゴーストトラブル解決します
黒崎・秀一: よくわからんままにおつくもさまだなぁ?
稲田・琴音: 皆様、おつくもさまでした♪
稲田・琴音: ちょうど、全員分のお便りを読み終わって〆ようか、と言うところだったんですよ>黒崎先輩
GM: 今回はカオス気味でちょお時間かかってもうたけどな♪
黒崎・秀一: そだったのかぁ
GM: とりあえず…どこらへんでログ乗せる区切りつけよぉかな・・・;
稲田・琴音: 少し編集してから載せないと今回はえらいことになりそうです……。
GM: 黒崎さんは入室しましただけになってもうたし…;
鐶葉・桂: 膨大な量になってるだろうな
GM: 量はええんよ~諦めとるからー
GM: 水繰さん復帰せぇへんねぇ…;
鐶葉・桂: フム、大丈夫だろうかね
稲田・琴音: 再接続を待っていると、永遠に繋がらないことがあるんですよね……完全に自分でプログラム切ってもう一度入りなおさないと。
GM: ちょお蹴るかな?
GM: …うん!!ここはあえて無修正で行こう!!
黒崎・秀一: うわぁ
*server*: [水繰・咲乱]が退室しました
鐶葉・桂: なんという……英、断……?
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
[11/12 NEX-5]
[05/29 TuhForbGrorry]
[07/03 クリューナ]
[06/27 クリューナ]
[04/22 NONAME]
HN:
Yoko.Enshi. with Magus.Morgan.A.
年齢:
1070
性別:
女性
誕生日:
0948/09/26
職業:
蜘糸商会 社長
趣味:
機構弄り
自己紹介:
=======================
この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はかがり紅路絵師に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
========================
800年の封印から目を覚ましてくれたのは小さい巫女やった。私も巫女も、大きな力の前では何もできなくて。『土蜘蛛戦争』で巫女が戦いに出ても、見送ることしかできなくて…。彼女は先に逝ってもうた。
<<あるノートパソコンに記されたメモ  | HOME |  第弐回 蜘糸♪ちゃんねる (セッション準備編)>>
Copyright ©  -- 白と黒の対極 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ