忍者ブログ

白と黒の対極

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』の自キャラ燕糸・踊壺(b32648)とメイガス・モルガーナ(b04105)のブログです。 りんくふりぃです♪ コメント欲しい今日~♪

選択したカテゴリの記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【指定学園生活バトン】
またも双葉さんところからとってきたど~(・w・,,)~v
お題は『双葉』さんなぁ♪

【01:あなたは『双葉』と隣の席になりました。どうやって挨拶する?】
うにゃ~、同じクラスになるんも不思議なもんやなぁ♪
ともあれ、これからはお隣でよろしゅうなぁ♪

【02:『双葉』が教科書を忘れて困っているようです、どうする?】
机をくっつけて、教科書一緒に見よ♪

【03:体育祭です、『双葉』は何の競技に出ると思う?活躍する?】
リレーとか障害物競争とか、競争ものかなぁ…?
そう言うものやる時は双葉さん全力で走りそうな気がしますえ~♪
…やってくれるまでが大変かもしれへんけど;

【04:文化祭です、『双葉』は劇に出ることになりました、何の劇で何の役?】
お姫様させる、私が王子様でタカラヅカやるのやぁ~♪

【05:文化祭、『双葉』に一緒に回ろうと誘われました、どんなコースで回る?】
食べ物とか商会のほかに双葉さんが通ってる結社の出し物にも顔出したいかなぁ♪

【06:文化祭、あなたと『双葉』のクラスは一体何の出し物をするの?】
そやなぁ~、前回と同じ足水喫茶やるにしても改良色々と改良しよかなぁ?
双葉さんのわんこコーヒー正式サービス化とかぁ
結構熱くなっただぶるすとろーを改良してはーとすとろーを用意して
カップル客にも対応しよかなぁ♪

【07:服装検査、『双葉』は何かに引っかかったようです、一体どこが引っかかった?】
銀誓館って服装が割とリベラルやからなぁ…引っかかるものが想像つかへんなぁ…
赤手つけっぱなししてたとか…ないなぁ…?

【08:修学旅行です。『双葉』と同じグループになったあなた、どこに行ってどんなコースで回る?】
奈良旅行とかは単なる里帰りやし私地元帰れへんしなぁ…
ヨーロッパと想定するならやっぱりピサの斜塔がええよなぁ♪
あとは一緒にピアノの演奏会行くってのもありかなぁ…♪
…まぁ戦の火種にならない所ならどこでもええよなぁ;

【09:修学旅行、『双葉』の部屋に遊びに行ったあなた、『双葉』は一体何をしていた?】
そうやなぁ、双葉さんは多分寝とらへんで一人暇つぶしてるような気がする…
せやから当初の目的通り、遊びに行きますえ♪

【10:『双葉』はクラスではどんな存在? どんな人と仲が良い?】
多分初めのうちは同族であっても近寄りがたい雰囲気やと言われるかもしれへんけど。
双葉さんはなぁ…本人が思うより怖くなくって可愛いさかい自然と仲良しの子が集まってくるよ♪
当然、私はその一人目やったってこと♪

【11:『双葉』が先生に叱られていました、一体何をしたんだと思う?】
にゃ~、おもいつかへんなぁ;

【12:『双葉』と二人で下校しました、一体何の話をする?】
双葉さんのおうちが何処にあるんかとか、今度遊びに行ってもええかなとか
あとは同族なりに、現代について新発見とかあったら語り合うんやろうかな♪

【13:『双葉』と二人で下校、寄り道をしようと誘われました、どこに行って何をする?】
うにゃ?双葉さんが誘ってくれるようなところなぁ…
きっと双葉さんが興味を示すような、素敵なものなんやろうな♪
帰りにはおかえしに美味しいケーキ屋さんやラーメン屋さんを紹介しよぉかな♪

【14:突然『双葉』が転校する事に!! どんな理由で、どこに? 何て言葉をかける?】
まずは理由とか、いつ会いに行けそうかとか聞くかなぁ…
普通の転校とかやったら、寂しいけど多分交流はできるように電話番号とか住所とか聞くかなぁ…
依頼で一時的に転校とか…そう言うのやったら、ちょお反対するかもなぁ…。
でも最後には気を付けてしか言えへんのやろうけど…

【15:お疲れ様でした。このバトンを5名に回してください。『』の指定も忘れずに!】
ほならそうやなぁ…みやことかいるまんとか…後はこのブログを見てらっしゃる方ならだれでもお好きにどぉぞ♪
お題は『踊壺』なぁ~♪
PR

私は初め、命は等価値ではないと思っていた

誰かの為になら、自らの命を投げ出して良いと

その覚悟を持って、私はこの学園で『燕糸踊子』をしてきた

でもそれは結局は傲慢でしかない

今治の戦で、私は再びあの時の事を思い出した

大切な人を失ったあの日…妹と私を救ったあの人のこと

あの人が何故私達を救ってくれたのかと言う事

それだけではない

大好きな人達が重傷になった私を心配してくれたという事

誰かが誰かを思う限りその誰かは誰よりも幸運で

命の価値はそうやって等価値になっていくものだと知った

だから私達は赦していくんだ

赦していかなければならないんだ

業は絆を結ぶ切っ掛けでしかないのだから

命というものは儚く散りやすく


それでもその価値は平等なのだから
自分が何者なのかも分かってないのに
ただ此処にあるだけだったのが嫌だった

だからこそ私は自分に理由をつけて
自己を作ってもらってきた・・・
だからこそ妾は私が 嫌いじゃない

でも私がやってきた事に意味はあるのかと思えば
それは最大の自己否定


頭を抱えて蹲る
にゃ~…初めはなぁ、ただ面白い人やなぁって。
そう思ってたまに会いに行ったりとかしとってんよ…

でも、気がついたら一緒に居るのがすごく嬉しくって

とっても…好きなことに気がついたんよぉ。

なんと言うか…らいくじゃなくらぶ?そんな感じ…


…にゃ~、これ以上は恥ずかしいから続きを読んでやぁ…
燕糸・踊壺

ICV.植田 佳奈

取り説的な説明:
来訪者と人間の架け橋を目指すという
謎の企業結社[蜘糸商会]の社長。
見かけは幼いが土蜘蛛という来訪者の力を操り
敵の時はプレイヤーを試すかのように挑んでくる。
若干おませさんだったりする。

■使用武器
独鈷型の念動剣と西洋渡来のオーナメントソードやね♪
■戦闘スタイル
念動剣独特の奇妙な剣筋と手に持ったオーナメントソードを使って
通常は両方使った近接攻撃
必殺は遠距離の飛び道具を主体に戦いますなぁ。
でも油断して飛び込むと強力な一撃を喰らいますえ♪
■スピード型?パワー型?バランス型?
ini高いしスピード型やねぇ♪
■扱い易さを☆5段階で表して下さい
 難☆★☆☆☆易
■バトルコスチューム
いつも通り和服モチーフのワンピースと上着のセット…
蜘蛛の髪飾りは強い攻撃を受けるととれちゃいますえ~。
■キャラクターセレクトされたときのセリフ
「にゃあ、ご指名やね♪」
「私にできることがあるなら…」
■対戦前のセリフ
「…良しなになぁ♪」
「…ん、負けてあげへんよ…!!」
■必殺技の名前
雷の魔弾:魔法陣を展開し、3方向に走る魔弾を発射する。
私の必殺技:某桃の字よろしく念動剣を飛ばしての遠距離攻撃。
・一式:ステージの端まで突貫する突き攻撃
・二式:上空に剣を飛ばして弧の字に振り下ろす
・三式:一定時間画面の枠に反射し跳び回る
紅蓮撃:血の色の炎を纏わせた強化斬撃
土蜘蛛の檻:蜘蛛の巣をフィールド全体に貼り、自分以外の行動を遅くする。
■そのときの掛け声
雷の魔弾:「射ち貫け!!」
私の必殺技:(一回キュピーンとなって)「いくでぇ!!」
・一式「うりゃ!!」
・二式「ほりゃ!!」
・三式「飛んできぃやぁ!!」
紅蓮撃(キュピーン)「これは耐えきれるかえ?」
「てぇりゃあ!!」
土蜘蛛の檻(キュピーン)
「かぁらまりやぁ!!」
■敗北したときのセリフ
「にゃあ…君、強いなぁ…」
「あにゃあ…まいりましたぁ…(くすん」
「はう、まけましたぁ…。」
■勝利したときのセリフ
「…ん、これくらいでええかな?」
(敵が悪な時)「もう悪いことはせぇへんでな。」
「にゃ、大丈夫?」
■バトンを回したい貴方のライバルキャラクターを5人
未選択
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[11/12 NEX-5]
[05/29 TuhForbGrorry]
[07/03 クリューナ]
[06/27 クリューナ]
[04/22 NONAME]
HN:
Yoko.Enshi. with Magus.Morgan.A.
年齢:
1071
性別:
女性
誕生日:
0948/09/26
職業:
蜘糸商会 社長
趣味:
機構弄り
自己紹介:
=======================
この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はかがり紅路絵師に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
========================
800年の封印から目を覚ましてくれたのは小さい巫女やった。私も巫女も、大きな力の前では何もできなくて。『土蜘蛛戦争』で巫女が戦いに出ても、見送ることしかできなくて…。彼女は先に逝ってもうた。
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- 白と黒の対極 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ