忍者ブログ

白と黒の対極

株式会社トミーウォーカーのPBW『シルバーレイン』の自キャラ燕糸・踊壺(b32648)とメイガス・モルガーナ(b04105)のブログです。 りんくふりぃです♪ コメント欲しい今日~♪

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*server*: [シロ・ホワイトテール]が接続しました
シロ・ホワイトテール: こんばんわふー♪
GM: こんばんにゃふー♪
シロ・ホワイトテール: えーとねー、きょうもさんかしてみたかったけどー。
GM: ほむ
シロ・ホワイトテール: とちゅうでりせきになるから、がんばってねー、っていいにきたのー。
GM: にゃ、がんばりますえ~♪
シロ・ホワイトテール: ますおー♪(←
GM: びゃあぁうまいぃ♪>ますおー
GM: なーんて♪
シロ・ホワイトテール: わかったんだー、すごいー♪
シロ・ホワイトテール: (ちなみに、ロビーがまた不調になってるみたいですので、それを踏まえた方がいいかも?>メンバー集合
GM: にゃ、そやねぇ。放送事故には備えようもないとは思うけどなぁ;
シロ・ホワイトテール: ほーそーじこも、またいっきょー(何
GM: 一興一興♪(撫で撫で
シロ・ホワイトテール: うー♪(つけしっぽをピコピコ
GM: 昨日は寝ぼけてたとは言え急に部屋閉じてもうてごめんなぁ~;(なでくり
*server*: [夢祇・伊留麻]が接続しました
夢祇・伊留麻: こんばんはじゃよー
シロ・ホワイトテール: もーまんたいー(もふもふされつつ
GM: くもばんはー♪
シロ・ホワイトテール: いるまー、こんばんわふー♪
シロ・ホワイトテール: あー、くもばんわふー♪
*server*: [逆襲院・黒山羊]が接続しました
逆襲院・黒山羊: よう
シロ・ホワイトテール: くもばんわふー♪
GM: くもばんは~♪
*server*: [平賀・双葉]が接続しました
逆襲院・黒山羊: おっす
GM: 平賀さんもくもばんは~♪
シロ・ホワイトテール: ふたばだー、くもばんわー♪
平賀・双葉: くもばんは?
夢祇・伊留麻: こんばんはじゃよー
GM: 前回の放送で出た番組のあいさつやよー♪
逆襲院・黒山羊: へぇ。
シロ・ホワイトテール: くもくもだからー?
平賀・双葉: そう。じゃあくもばんは
GM: くもばんはにゃー♪
平賀・双葉: GMメモ………一時間になっているけど
*server*: GMメモが更新されました
GM: ぁぅち;
GM: 間違えとった~;
*server*: [稲田・琴音]が接続しました
シロ・ホワイトテール: (ぽふぽふ>ようこ
シロ・ホワイトテール: くもばんわふー♪
逆襲院・黒山羊: うーっす
GM: ことねんくもばんは~♪
平賀・双葉: あら、くもばんは
稲田・琴音: ええと、皆様こんばんは。燕糸さん、昨夜はどうも失礼を……(ぺこぺこ
GM: 失礼だなんてとんでもにゃいー、今回も来てくれてありがとうやぁ~♪
稲田・琴音: いえ、昨夜楽しかったもので……番組終了後に、緊張が切れた瞬間背後さんの電源が落ちてしまったようで……困ったものです。
夢祇・伊留麻: こんばんはじゃよー
GM: http://enshi.blog.shinobi.jp/
GM: 因みに前回の放送はこれなー♪
平賀・双葉: 社長のブログよね?
シロ・ホワイトテール: …そーいえば、アドレスぜんかくで、でるよーになったんだよねー。
GM: うん、放送毎にブログに保存しますえー。
稲田・琴音: さすが、お仕事が早いですね……。
夢祇・伊留麻: ふむふむ・・・
夢祇・伊留麻: アドレスというか、/じゃな
逆襲院・黒山羊: ああ、ログのせんの?
シロ・ホワイトテール: うんー、すらっしゅー。>いるまー
夢祇・伊留麻: :は今までと同じじゃな・・・・さらにめんどくさく
GM: うん、一応保存する辺は注意というか、あかんかったら言ってなぁ~♪
シロ・ホワイトテール: だいじょーぶだとおもうけど、ログをとるときは、でるまえにとってみたほーがいいかもー?
逆襲院・黒山羊: まあ、もんだいはねえが、そうだな
逆襲院・黒山羊: 酒の話はやめとこう
稲田・琴音: え、鮭の話ですか?
平賀・双葉: ん。保存できませんでしたって出ちゃう事があるものね<先に保存
GM: ほむ、じゃあ放送前後に確認とる言うことで…(めももめ
稲田・琴音: ……ごめんなさい、番組風に無理にボケてみただけなんです(隅っこに隠れました
夢祇・伊留麻: 大丈夫じゃと思うよー。多分じゃが
GM: 鮭とろ丼は至高の味や!!
平賀・双葉: 偶に有るからどうしても残したいときは用心の為にやった方が良いわよ
シロ・ホワイトテール: うん、ねんのためにねー。
GM: 了解ですえ~♪
GM: それでもとれへんかった場合は、誰かにメールで送信頼んでええでしょうかぁ?
夢祇・伊留麻: 鮭とろ丼かあ・・・ネギトロは食ったことあるが・・・
稲田・琴音: 気をつけないと、半睡眠状態で、「保存する」と「しない」を間違えて選んで、後日ログを他人に送ってもらわないといけないようなこともありますしね。(誰のこととは言いません)
シロ・ホワイトテール: (ぽふぽふ>ことね
GM: ダシ醤油と半熟卵の組み合わせがさいこうなんよぉ~
GM: あるある…今朝起きた時それが不安やった;
シロ・ホワイトテール: さけは、おさしみもおいしー。
逆襲院・黒山羊: べつにいつもたいしたこと言ってねえからログとらねえな
平賀・双葉: MDの使い方………発言しようとしている時に参加者欄にでる吹き出しが発言中じゃないのに出てしまうことがあるけど、そんなときは何か一文字打ってから消すと吹き出しが消えるわ
夢祇・伊留麻: ログとるときととらないときは分けておるかな
平賀・双葉: ………とかそういう話をするの?
シロ・ホワイトテール: (また、「MDに一言」っていう企画を浮かんだ背後さんは、まあ置いといて((何
夢祇・伊留麻: んー・・・しかし不安定じゃな・・・一覧が取得できたりできなかったり
GM: うん、あとは各々の背後さんとか募集で集めるメールからの質問やリクエストに応える感じになるなぁ♪
平賀・双葉: この前のアップデートから色々不安定になっているそうね
シロ・ホワイトテール: エムディーのストライキなのかなー。
稲田・琴音: 選んだのと違う部屋への入室確認を出されることもありますしね。
夢祇・伊留麻: 部屋が乱立してるときに起こりやすいみたいじゃの
GM: 前回も放送事故多発したしなぁ~;(分身とかオフラインとか
夢祇・伊留麻: ・・・ああ、あったのう。入ってきた部屋間違えたってもの
GM: 分身はver2以降久しぶりに見たなぁ?
稲田・琴音: メガリスドライブゴーストが暴れまわっているに違いありませんね。
平賀・双葉: ヒトから不安定だって言われたから起動してみたら社長の部屋があったから来て見たのだけれど
平賀・双葉: これだけの能力者相手にまだ暴れまわれるなんて大したゴーストね
逆襲院・黒山羊: 立ち上げてもオートでは部屋出してくんなかったな
GM: 私らでも手も出しようがないけどなぁ~;
GM: それこそ校長に頼まんと
シロ・ホワイトテール: メガリス『メガリスブレイク』メガリスのなのつくものに、ふぐあいをしょーじさせるー(何
平賀・双葉: アンチメガリス?
GM: あると思います!!
逆襲院・黒山羊: ところでこれ、いつから保存すんの?
シロ・ホワイトテール: だいしょーは…なんだろー?
夢祇・伊留麻: ・・・あれ、MDが不安定、校長に・・・の流れにデジャビュが
稲田・琴音: そんなメガリスを所持して使用しているのは一体誰なんでしょう……。
シロ・ホワイトテール: (あ、22:05だねー
GM: 集まるところから保存することにしましたえ~♪
シロ・ホワイトテール: いやんー(また変な言葉を覚えてきた
GM: つまりはGM以外の人が来たところから♪
稲田・琴音: ……さて、ここまではマイクテストでしたー♪(音量を切り替えてみます)
逆襲院・黒山羊: ああ、じゃあもう撮ってるんだ(角外してツボキチにつけてる
稲田・琴音: ラジオ番組ですので、角をつけてもリスナーには見えないんですよね……(背後さん突っ込みは禁止
GM: 着脱可やったのか!!(何気に生やと思ってた
平賀・双葉: ………そうやってどんどん角を外して、生やしてを繰り返していくとやがて地球は角で埋まるのよ
逆襲院・黒山羊: つーか普通に考えろよ。生だとあたしは未知の来訪者じゃねえか
平賀・双葉: 世界の終わりはそんな風でした
シロ・ホワイトテール: あ、そーいえば、ボク11じごろにりせき(退室)だから、ゲストこーたい、ってかたちにするのー?
夢祇・伊留麻: ・・・ふむー
GM: 猫変身の失敗で猫耳な人もおるさかいなぁ;
シロ・ホワイトテール: それとも、そろそろでておいたほーがいいかなー?
逆襲院・黒山羊: ああいうのって三半規管の位置とかどうなるんだろうな(にゅっと角を生やしながら
GM: と、途中から退出予定やったんやよな。
稲田・琴音: ……生やしてる、の時点で、生の角でないとあり得ない表現と言う気がするんですが……(こっそり呟いた
GM: 出入りはいつでもええよ♪
逆襲院・黒山羊: 琴音ちゃん。キノセイダヨキノセイ
シロ・ホワイトテール: いて、いいのー?(おめめキラキラ
GM: ええよー♪(キラキラ
平賀・双葉: ………。
シロ・ホワイトテール: うー♪(キラキラ
稲田・琴音: コーナー限定のゲスト、でいいんじゃないかな?シロさん。(思わず頭をなでなで、ぎゅー)
シロ・ホワイトテール: わふー♪ じゃあー、そろそろはじめるのかなー?
夢祇・伊留麻: そうじゃなー
平賀・双葉: アイコンも、出ないのよね
逆襲院・黒山羊: (角外しているまんにつけてる
逆襲院・黒山羊: あ、ちょっと入りなおしていい?
GM: うんー
*server*: [逆襲院・黒山羊]が退室しました
シロ・ホワイトテール: いってらっしゃいー。
夢祇・伊留麻: いってらっしゃいじゃ
GM: いってらにゃー
*server*: [ひつじ]が接続しました
ひつじ: ただいま
GM: おかえりにゃー
平賀・双葉: おかえりなさい
シロ・ホワイトテール: おかえりー。ようこー、おてがみはこんでおくねー(ヨロヨロ…
GM: ありがとなー♪ほならそろそろオープニングや♪
GM: 3,2,1…
GM: きゅぅ♪(オープニングつける
稲田・琴音: (また琴でオープニング曲を弾いてみました)
GM: 皆さん、くもばんは~♪
稲田・琴音: (今回は何故か金田一●介の事件簿風の曲)
ひつじ: くもばんはー。
夢祇・伊留麻: くもばんはー
シロ・ホワイトテール: くもばんわふー♪(ぱちぱち、と拍手
稲田・琴音: 皆様、くもばんはー♪
平賀・双葉: くもばんは
GM: 本日もカオスなメンバー満載で開始しました
GM: 蜘糸♪ちゃんねる!の時間がやってまいりましたえ~♪
夢祇・伊留麻: わー
シロ・ホワイトテール: くもっふー♪
GM: メインパーソナリティーの燕糸踊壺ですえ~♪
GM: ほならゲストの皆さん、自己紹介どうぞぉ♪
ひつじ: (上から順?
GM: ご自由に―♪
シロ・ホワイトテール: きょーもげんきに、ごはんがおいしい、ボクはシロだよー♪(意味不明
夢祇・伊留麻: 夢祇伊留麻じゃよー。どうもなのじゃ
平賀・双葉: 平賀・双葉よ。
稲田・琴音: 昨夜もお邪魔しました、稲田琴音です。楽しかったものでついつい……。皆様、また今夜もよろしくお願いしますね。(ぺこ
ひつじ: 比較的易しい面子だと思うんだけどな。はいはい、あたしはひつじさんだよ。
稲田・琴音: なお、知られざる新来訪者「ひつじ」さんを今日は特別ゲストにお迎えしております♪
シロ・ホワイトテール: にょっきり、おつのがはえてるのー。
GM: わー(ぱちぱち
平賀・双葉: ………やっぱり来訪者だったのね
ひつじ: (角外してフタバにつけてる
稲田・琴音: なお、この番組は、傘を持っていこうか悩むあなたの強い味方、運命予報士組合と……
ひつじ: 酷いなー。あたしは花嫁×霊媒師の一般生徒だよ?
平賀・双葉: ………。
GM: 来訪者の強~い味方、蜘糸商会の提供で
GM: お送りしますえ~♪
GM: (つの双葉さんにすりすりしつつ
平賀・双葉: ………ん。(撫で撫で)>社長
夢祇・伊留麻: ・・・つけられたつのは定着するのじゃろうか・・・
平賀・双葉: あくまのよーになるわ
シロ・ホワイトテール: それ、メガリスなんだっけー?
GM: 根っこが…
ひつじ: メガリスと言う噂もあったり。
平賀・双葉: 性格が狡猾 ■□□□□ 純真に
ひつじ: いやだなぁ。俺は純真だぜぇ?
稲田・琴音: その内、番組にお便りがきそうですね。「あの角は本物なのでしょうか?気になって夜も眠れないのです、教えてください」と。
シロ・ホワイトテール: うー?(こうかつ、が読めません
ひつじ: そして送られてくる俺の角。
GM: 賢いっていみですえ~♪(シロさん撫で撫で
平賀・双葉: 銀なら5本、金なら1本でおもちゃの缶詰と交換
シロ・ホワイトテール: うー♪(なごなご
夢祇・伊留麻: ・・・玩具の缶詰・・・
シロ・ホワイトテール: そのうち、ストラップにしてばんぐみからのプレゼントにしてみるー?
ひつじ: モバイルのサイズ越えるぞこれ。
GM: 未来の缶詰に憧れつつもとらなかったなぁ・・・
ひつじ: あれ、しょぼかったぞー。
GM: もうモバイルのサイズとか無視しとるさかい☆
ひつじ: (外して琴音ちゃんにつけてる
稲田・琴音: (小悪魔になりました)
ひつじ: (にゅっ
平賀・双葉: ………。
平賀・双葉: 今度生える部分を押さえてみようかしら
夢祇・伊留麻: ・・・神秘じゃな・・・
シロ・ホワイトテール: にょきにょきー、にょきにょきー♪
GM: つの仲間が増えてくうちにお便りをよむとしましょか~♪
ひつじ: (シロ太につけてる
稲田・琴音: さて、本日の一通目のお便りは……はて、この封筒真っ黒ですね?
シロ・ホワイトテール: うー?(重そう
GM: ほなら上から言うことで私から…(黒い封筒からごそごそ
シロ・ホワイトテール: わくわくー。
ひつじ: 縁起わりぃな。葬式の案内?
平賀・双葉: 焦げたのかも
稲田・琴音: イカスミ染めかも知れません。
GM: 今回のお便りは神奈川県在中の「MSTK」さんからのお便りですえ♪
GM: 「食べ物ロールをするとどうしようもなくお腹がすきます。しかし毎夜夜食食べると太りそうなので、他にいいてはないでしょうか?」
GM: 「追伸:イカスミなスパゲティおいしいです。」
夢祇・伊留麻: 美味しいよのー。イカスミスパゲティ
GM: よのー♪
シロ・ホワイトテール: おなかすいてるのに、たべちゃーダメなのー?(何を聞いてたの←
夢祇・伊留麻: ガムを噛む
稲田・琴音: そんな時は、他人にお食事を振る舞うロールをしてはどうでしょう。少しは自分の空腹がマシに感じられる……かも知れません?
平賀・双葉: 土蜘蛛になれば食べなくて平気よ?
ひつじ: ンとにイカスミかよ・・・・・・
*server*: [シロ・ホワイトテール]がオフラインになりました
*server*: [夢祇・伊留麻]がオフラインになりました
*server*: [平賀・双葉]がオフラインになりました
*server*: [稲田・琴音]がオフラインになりました
*server*: [ひつじ]がオフラインになりました
*server*: [平賀・双葉]が復帰しました
*server*: [ひつじ]が復帰しました
*server*: [シロ・ホワイトテール]が復帰しました
*server*: [夢祇・伊留麻]が復帰しました
*server*: [稲田・琴音]が復帰しました
GM: ガムは良い手かもなぁ♪
夢祇・伊留麻: にゃー・・・
GM: あぁっと放送事故;
ひつじ: はっはっはっは
稲田・琴音: またゴーストが活動していますね。
シロ・ホワイトテール: ガムかむ、ボクはかえってきたぞー♪(今日も元気に
GM: ガトー!!!!ショコラー!!!!!!!
ひつじ: 喰っても太らなきゃいいじゃねえか。
平賀・双葉: 食べた分運動するとか?
稲田・琴音: 食べて運動するのが美容の秘訣、ですか?
GM: と言う訳でMSTKさんはダイエットを始めればええと思うよ!!
シロ・ホワイトテール: うんどーしてつかれたら、ねむけもきていいかもー?
ひつじ: 太る気がなきゃふとらねえだろ?
夢祇・伊留麻: 食べても太らない人はどうすればいいのじゃろうー
平賀・双葉: 伊留麻は太りたいの?
GM: いるまんに秘訣を聞くんが一番かもなぁ、変わりに胃が底なしになりそうやけど
稲田・琴音: ……どうしてか、ひつじ先輩がそれを言うと、「意思のままに身体の組成をコントロール出来る」というイメージが浮かんでしまうのは何故でしょう……。
GM: ひつじ・レビテーション!!(体が発光し
シロ・ホワイトテール: じゃあー、つぎのおてがみいくー?(ピラピラと誰かに向けて
GM: とかやりそう…
夢祇・伊留麻: ・・・ある部分はふとらせたいかもの
平賀・双葉: ………首とか
GM: そやねぇ、次はシロさんお願いしますえ~♪
夢祇・伊留麻: 首は太らぬでいいのう
シロ・ホワイトテール: うー?(お手紙にらめっこ…
GM: 胸部やね同士よ!!!
シロ・ホワイトテール: ……これ、なんてかいてあるのー?(←
平賀・双葉: ………。
夢祇・伊留麻: うむ!
ひつじ: これ以上胸太ってもなぁ
平賀・双葉: ………そうね
稲田・琴音: えーと、では同時通訳しますね。(シロさんの後ろに座って、お手紙を一緒にめくり始めました。以後、わからない文字は後ろで読んであげているとお考え下さい:笑)
シロ・ホワイトテール: ことねー、ありがとー♪
稲田・琴音: ……っ!(ものすごく痛そうな声が一瞬ラジオに混じりました)>これ以上胸が太っても、とか
GM: …きー!!うらやましやぁ!!(後ろ行ってぷんすか
ひつじ: 胸が太る気になれば太るよ?
夢祇・伊留麻: むー・・・・
GM: …さて、シロさんどぉぞぉ♪
シロ・ホワイトテール: えっとー、「キャラを初めてRPをする時、拘ったりすることはどうやって決めますか?」だってー。
シロ・ホワイトテール: はじめてTRPGとかPBWするひとだと、ちょっとなやんだりするのかなー?
夢祇・伊留麻: ふむ・・・確かに悩んだのう。我はこれ(SR)が初めてじゃったな
ひつじ: 俺ンとこは、なんだっけ。ああ、東京怪談だ。
GM: 私は異世界(むげファン)やなぁ。
シロ・ホワイトテール: ボクもいるまとおなじー♪
平賀・双葉: 私はPBMね
稲田・琴音: 確か、TRPGが初めて、だったかな?
GM: 私は基本的に背後の趣味嗜好そのまんまやけど、あとはキャラの外見からだったりジョブの生まれから拘ってるところ探し出しとるなぁ。
GM: PBWからやなぁ
シロ・ホワイトテール: ねーねー、みんな(今のPC)のこだわりってなーにー?
夢祇・伊留麻: ・・・滅茶苦茶適当にインスピレーションで決まったの。
平賀・双葉: 本業の「生まれ」を見て考えたり思いついたりするかしら
夢祇・伊留麻: 今のPCのこだわりのう
稲田・琴音: 基本的には燕糸さんと同じですけど……一部のゲームでは、バトピンみたいな戦闘イメージで特技の組み合わせを先に決めて、それにあわせてキャラをデザインすることがありますね。
ひつじ: 「全力で恋愛フラグ回避」と「犬とは対照的な良心であれ」
夢祇・伊留麻: んー・・・我はBUできてからがキャラの性格が固まっていったの
シロ・ホワイトテール: ボクは、げんきいっぱいがもっとー、なんだってー♪
夢祇・伊留麻: ・・・・・最初期のセリフは黒歴史じゃし
GM: 色々あるけど、私(PC)個人の拘りとしてはやっぱり、来訪者とヒトを共存さすことかなぁ
平賀・双葉: 私は………何度も言っているから知っているヒトもいるかもしれないけれど、社長と会ったからこんな性格に
GM: だじょーいだじょーい♪
夢祇・伊留麻: いうなー
稲田・琴音: こだわり、ですか……もう少し電波な部分を出したい、らしいですよ。正確には、「蟲なら当たり前の思考」を人間の思考に織り交ぜて行きたいとか。
平賀・双葉: 「冷静になるために発言する前にしっかり見直してから」というのは気をつけているかしら
シロ・ホワイトテール: であいでかわったりするのも、PBWのだいごみー?
GM: 一番の拘りといえば、皆と愛し愛されるような皆の社長でありたいってことかなぁ
稲田・琴音: 愛されすぎて、甘え癖がついてしまいました……困ったものです。
シロ・ホワイトテール: だんいんじゃないけど、ようこすきだよー♪
GM: 醍醐味やろなぁ♪平賀さんもそうやし私も社長って皆に公認されてからそうありたい思ったものなぁ
GM: にゅ、ありがとー♪(ぎゅむすりー
夢祇・伊留麻: こだわり・・・みたいなものはないのじゃよな
シロ・ホワイトテール: あー、じかんだー。
夢祇・伊留麻: 愛着はあるけどー
GM: みやことらぶらぶ…>いるまん
夢祇・伊留麻: シグマ
平賀・双葉: 友達とか………親しいヒトが出来るのは楽しいことね
ひつじ: おはよう。
GM: にゃ、おつかれさまにゃー?>シロさん
シロ・ホワイトテール: それじゃー、ボクはここまでー♪
稲田・琴音: シロさん、お疲れ様。(なでなで
夢祇・伊留麻: 御疲れ様じゃよー
平賀・双葉: お疲れ様ね
ひつじ: おつかれさーん。
シロ・ホワイトテール: みんなもやろー、シルバーレインー♪(宣伝←
GM: また今度も遊びに来てなぁ~♪
シロ・ホワイトテール: うんー。しーゆー♪
稲田・琴音: はい、これ。(テーブルに置いてあるゲスト用のお菓子を袋に入れて)帰りに食べてね。
GM: あげいんー♪
シロ・ホワイトテール: ありがとー(もらって、たいしつー
*server*: [シロ・ホワイトテール]が退室しました
GM: シグマ…>いるまん
夢祇・伊留麻: ・・・・あぅー
GM: ロックマ○Xのシグマとらぶらぶ?
夢祇・伊留麻: ・・・変換ミスじゃよー
ひつじ: なつかしいなー。あのデカイハゲ
平賀・双葉: とかいうミスをしないように発言前には見直すように………
夢祇・伊留麻: ロックマンXはボンボン版が印象に強すぎて・・・・
GM: ちゃんちゃん♪
夢祇・伊留麻: ん・・・そうじゃな。気をつけねば
GM: さて、次はいるまんやねー♪(封筒渡し
夢祇・伊留麻: 我は・・・ふむ
GM: (背後さんからのお便り言うことで好きな質問してええよ~
稲田・琴音: そうでないと、双葉先輩のお家では弄られ役に回ることになってしまいますものね?(笑いながら、軽くにらんでみました
夢祇・伊留麻: そうじゃな・・・では読ませてもらうのじゃ
平賀・双葉: そうね。隙は見せない方が良いわ
ひつじ: いかんいかん、クリークマンが入りそうになった。
夢祇・伊留麻: ・・・「RPをする上でやっちゃいけないこと。はなんじゃろう」
夢祇・伊留麻: ・・・入ったら大変じゃな
GM: だれから~?
夢祇・伊留麻: テンプレ的な質問でごめんの。考えてなかった
GM: ○○県在中のクリークマンさんからのおたよりですー
平賀・双葉: 結社の説明文にだいたい書かれていることだと「確定ロールをしないこと」というのが多いわね
GM: あとはアンオフィシャルを前面に出すのもあかんよなぁ。
夢祇・伊留麻: んむ、そうじゃな
稲田・琴音: そうですね、何よりも一番大事なのはそれでしょう。相手の同意のない確定ロールは一番嫌われますし、敬遠されます。
夢祇・伊留麻: 後は・・・我は自分勝手な意見になってないか、発言前に確認するようにしておるかな
夢祇・伊留麻: ・・・・できてるかは別として。・・・できてるといいなあ
GM: TRPGのセッションとかやと妄言とかはある程度認可されるけど、結社とかでは注意やねぇ。
ひつじ: 「いっぽうてきなぼうりょく」とか「くちからばーすとすとりーむ」とか間違ってもしちゃいけないぞ(どの口が言うか
平賀・双葉: ただ、SRTRPGの場合だと主にRPする時がアクトワードというのを使う時で、判定成功する前提だったりするからある程度確定した行動描写をすることになるわね
GM: 「いっぽうてきな剥がし技」とか「メイドガイヴォイス」とかもなぁ♪(どの口が(ry
夢祇・伊留麻: あれはしょうがないかなとは思うの
夢祇・伊留麻: ・・・・剥がし・・・・
*server*: [平賀・双葉]がオフラインになりました
平賀・双葉: ん。だから別
*server*: [平賀・双葉]が復帰しました
夢祇・伊留麻: 御帰りじゃよー
ひつじ: ちょっとまって。今なんか時間がおかしなことに。
GM: ルールにのっとったものならOK言うことやなぁ。
夢祇・伊留麻: ・・・珍しいの。オフラインになって発言するってのは
平賀・双葉: 切断されたのははじめてね………
GM: おかえりにゃんにゃ~♪
平賀・双葉: ただいま
稲田・琴音: アクトワードの場合は、プレイヤーになっている時点で皆さんある程度了解しているわけですしね。妄言ロールも、基本的にはそれと同じことです。こちらは、セッション仲間の信頼感を下敷きにしているわけですけど。
ひつじ: おかえり
稲田・琴音: お帰りなさい、双葉先輩。
ひつじ: ただまあ、思うんだが。アクトワードが無理なタイミングってあるよな。RP想定すると特に。
平賀・双葉: 相手の気持ちになって、自分がされたら嫌なことはしないことが大事ね。人付き合いの基本だけれど
平賀・双葉: ………私が言うのも何だか、だけれど
GM: 明らかにおかしい突飛な類はダメ言う事やろなぁ、「いきなり万能の超人に変身して敵組織を破壊する」とかー
夢祇・伊留麻: んー。双葉殿はいい人じゃよー
GM: …やねぇ~♪
夢祇・伊留麻: 後・・・版権に触る言動とかもかのー。表ではじゃが
平賀・双葉: でもアクトワードの基本として「読み上げるだけでいい」のよね。本当は
ひつじ: クリークマンがすれすれのライン越えてるなぁ。
稲田・琴音: (いくつかのマイナーゲームは除きます、番●学園!!とか。でも、ややこしくなるのでそういうゲームがあることは忘れて下さい(何)>いきなり万能の超人能力
GM: シグマの時点で…;
稲田・琴音: どうしても、読み上げるだけでも改変しても場面に合わないと言う時は、まあ諦めるのが一番かも知れません。でも、これって意外なほど少ないですよ。どうしてもあわせられない場合、と言うのは。アクトワードはあくまで「単語」ですからね。
ひつじ: でもほら、よく見かけるでしょ?「だが断る」とか。絶対、露伴しらねえだろ?って連中も口にするし。
平賀・双葉: ネタが一人歩きしてる状態ね。私も露伴というのは知らないけれどそれは聞いたことはあるわね
稲田・琴音: だが断る(攻撃の命中を)とか、そこそこ使い勝手のいいアクトワードではありますけどね、あれ。(確か、アクトワードの文章にも一枚入ってましたよね?)>だが断る
GM: ここは前回も行った抜き打ちアクトワードや!!ことねんお願いしますえ~♪
GM: しかし、断る(ガード) はカードあるけどなぁ
稲田・琴音: あ、そう言えば前回、背後さんが寝落ちして私だけやってなかったんですよね……では、その分の負債を払うとしましょうか。
ひつじ: これもアレだろ? 元ネタ聖帝じゃね?
【E】猛攻 (No.3)
夢祇・伊留麻: そうじゃな・・・ネタの一人歩きはあるよのう
GM: 一人が抜いて皆がロールプレイな♪
稲田・琴音: まあ、ログを読んでその時の流れは掴んでおきましたので慌てずに済みますけどね?(ログ把握=準備をしておく=裏工作、より)
稲田・琴音:
【P】術式1 (No.25)
GM: つまりこれは裏工作だったんだよ!!(眼鏡かけて
GM: >論破、裏工作
稲田・琴音: たぶん、リスナーの皆さんは全部お見通しだと思いますよ?(カードの文章を一部改変パターン)
平賀・双葉: アクトワードなんて堅苦しく考えず、適当で良いのよ?(適当)
夢祇・伊留麻: これくらい適当に流せばいいのじゃよ(適当)
ひつじ: …………適当って、「適切で妥当」って意味だからな?
稲田・琴音: リスナーの皆さんに楽な気持ちでアクトしてもらうための見本ですから、適切で妥当、と言えないこともないんじゃないでしょうか?
GM: にゃー、アクトワードの理解は人それぞれやし、ええんちゃうかな?そこら辺の判断はGMの語彙と許容範囲次第いうことで♪
*server*: [平賀・双葉]がオフラインになりました
ひつじ: まあ、どうでもいいや。あたしは銀雨TRPGやんねえし
*server*: [平賀・双葉]が復帰しました
GM: ほなら次のお便り~♪双葉さんどぉぞぉ~♪
GM: おかえりにゃー
ひつじ: フタバの不調はめずらしいなー。おかえり
平賀・双葉: ………かつて無いくらい不調ね
GM: なる時は頻繁に起こるやねぇ~…
稲田・琴音: そう言えば、これはお便りよりもう少し先のお話なんですが……初心者にはお薦めできない、ややこしくなるアクトなんですけど。例えばこのカードで、イラストの方に相応しく「そこまでだ、悪党どもめ!」とかアクトしたら、通してくれるマスターさんはどのくらいいるのでしょう。
夢祇・伊留麻: 不安定じゃなあ
稲田・琴音: あら、双葉先輩のご不調とは珍しいですね……お帰りなさい。
平賀・双葉: メガリスと相性が悪いのかもしれないわ
稲田・琴音: メガ・リス。巨大なリスの妖獣。尻尾がものすごくもふもふ。 ……いえ、何でもありません。
平賀・双葉: あまり駄目と言うヒトはいないと思う、かしら?
GM: やっぱそこは論破にこじつけてぎりぎりとおすのと、やっぱアクトワードに関連付けなきゃ言うのと別れるやろなぁ?
GM: 私は前者でええとおもうよ♪
GM: もふもふ…
ひつじ: GM判断次第だろ? SWのことで、安道さんに「シェイプチェンジって身長10mまでなら変身可能ってあるけどサイクロプスOKですか?」って聴いたら悩んだ末に「GM次第」だったし。
平賀・双葉: TRPG全般のことだけれど、最終的判断はGM次第ね
夢祇・伊留麻: そうじゃなあ・・・
稲田・琴音: まあ、確かにそうですね。すみません、ややこしい質問を付け加えまして。お便りの方へのお答えも出していませんでしたのに。
ひつじ: あたしとしては、口八丁手八丁でやりこめたら勝ち、くらいに思ってるが。まあ、Aの魔法陣あたりが代表かな?そういうのは。
GM: ええよええよ♪ほなら次は双葉さんお便り呼んでなぁ~♪(封筒渡し
平賀・双葉: はい。それじゃあ鎌倉のM.Hさんからね
平賀・双葉: 「世界観というのはどのくらい理解しておいたら良いのかな?これだけはおさえておいたほうがというのがあれば教えて欲しいな。知らないヒトに説明する時に世界を一言で表せたら楽で良いけど、キャッチフレーズみたいなのをよろしく」
平賀・双葉: 公式キャッチフレーズ?は「死と隣り合わせの青春を」だったかしら
ひつじ: 嫌な青春だな。今、学園と合流するのがちょっと嫌になったよ
平賀・双葉: ………やっぱり来訪者なのね
ひつじ: なんのこと?あたしわかんなーい。
夢祇・伊留麻: 世界観かあ・・・せめて図書館は目を通しておいて欲しい
稲田・琴音: 「現代の日本、日常の向こう側で戦う能力者達。たとえ活躍が知られることはなくとも、その刃は世界のために」……このくらいで雰囲気は伝えられるでしょうか?短くまとめて、知らない人がいるかも知れない元ネタ系を排除して、となると難しいですね。意外と。
ひつじ: 雰囲気と最低限のルールさえ理解すればOK。
平賀・双葉: SRTRPGを全く知らないとして、何をどれくらい知っているかによっても変わるわよね。TRPGを知っているかとか、Web版を知っているかとか
GM: 「世界を覆う常識を守るため、非常識の存在と戦う正義の味方の学園伝奇」ってのでええんちゃうー?
夢祇・伊留麻: 我はSRに入る前に図書館熟読した上でキャラ作ったが・・・そうでないものも増えてるようじゃな
稲田・琴音: 現代物の世界観で一番大事なのは、あくまで個人的にですが、「主人公の立ち位置」と「敵性勢力の設定」だと思います。この二つはどうしても知っておかないと、キャラを作るにも難しくなりますし。
夢祇・伊留麻: ・・・TRPGから知って入ってきたものとか
稲田・琴音: (主人公=自分のキャラ、ですね。ちょっと間違えました)
ひつじ: ごめん、なんだ、5年前に異世界始めたときから図書館なんて禄に…
夢祇・伊留麻: ん、確かにそうじゃな
GM: 私はむげファンやってる途中でSRが始まっとったからなぁ…
GM: も、なぁ
ひつじ: つーか、依頼やリアイベでないから、戦闘ルールは把握してないんだよなぁ。
夢祇・伊留麻: ふむふむ・・・
*server*: [夢祇・伊留麻]がオフラインになりました
*server*: [平賀・双葉]がオフラインになりました
*server*: [稲田・琴音]がオフラインになりました
*server*: [ひつじ]がオフラインになりました
*server*: [夢祇・伊留麻]が復帰しました
*server*: [稲田・琴音]が復帰しました
*server*: [平賀・双葉]が復帰しました
*server*: [ひつじ]が復帰しました
ひつじ: いやー、絶好調だね!
夢祇・伊留麻: ・・・にゃー
稲田・琴音: 逆に言えば、それさえ把握しておけばどうしても困る、と言うことは少ないですね。現代物ですと。完全なファンタジー世界になると、「こういう世界ならこういう人間が育つ、あるいはこういう境遇が存在する」と言う風に、世界の風土に合わせて考える必要が出てきますので、もうちょっと読み込まないといけない分量が増えますけど。
GM: ∑おおぅ放送事故絶好調!!
平賀・双葉: 本当ね………
稲田・琴音: では、まず世界観の把握のために、メガリスドライブゴーストと戦闘しながらチュートリアルを……いえ、冗談ですよ?
平賀・双葉: 勝ち目のなさそうな戦いね
GM: にゃー;
ひつじ: アレ読んだらいいよ、なんだっけ。始まる前に世界観説明みたいなの書いてるページあったじゃん。
夢祇・伊留麻: んむ、それだけでも読んで欲しいの
ひつじ: まあ、そんなとこだろ。会話だけならぱっと見の世界観。戦闘依頼出るなら図書館熟読、くらいで。
GM: 初めての方はこちら こーなーなぁ
GM: うんうん♪
GM: おぉっとほな時間も近づいてきたしじゃんじゃんいこぉ♪
GM: 次はことねんかにゃ?
稲田・琴音: あ、はい。それでは……えっと、これにしましょうか。
稲田・琴音: ええと、茨城県のMさんからのお手紙ですね。「おめでとうございます、この度あなたは100万人の中から当選されました!」
ひつじ: スパムだ、削除しろ。
稲田・琴音: ……違う種類のお手紙が紛れ込んでいたみたいですね。こほん(手紙をぽいと脇に)
ひつじ: Mさん、あとで貴方の家に暴力的なメイドが行きます。
GM: スパム、ダメ!絶対!!
平賀・双葉: あら、怖い
稲田・琴音: さて、気を取り直しまして……今度は、東京都のラジオネーム「だるま魔剣士」さんからのお便りです。
夢祇・伊留麻: スパム怖いのー
稲田・琴音: 「シルバーレインTRPGでは、パーティバランスと言うのはどのくらいしっかりと考えたほうがいいんでしょう?今度やるセッションで、神秘型のPCが全然いなくて……」
*server*: [シロ・ホワイトテール]が接続しました
ひつじ: おう、おかえり
平賀・双葉: あら、おかえりなさい
シロ・ホワイトテール: ふにゃー♪
GM: おかえりにゃー♪
シロ・ホワイトテール: ただいま、だよー。
稲田・琴音: あら、シロさんお帰りなさい♪
ひつじ: パーティバランス、ねぇ。
GM: 今「パーティバランスはどのくらいしっかり考えた方がいいでしょう、今神秘いなくって…」ってないようのお葉書が来たところやー
平賀・双葉: あまり厳密に考えるものでもないと思うかしら。これまたGM次第なのだけれど
ひつじ: SRは属性と回復は関係ないしな。なんとでもなるんじゃないか?
夢祇・伊留麻: 御帰りじゃよー
GM: そやなぁ、集まった人たちがバランス良くなるともかぎらへんし
夢祇・伊留麻: ふむ・・・パーティーバランスかあ・・・突発セッションしかやったことないからのう
シロ・ホワイトテール: かたよってたら、そのぶんかたよってるほうに、あんていしそー?
ひつじ: 依頼の場合、最悪、全員同じジョブ。なんてのもありうるわけだしな。
夢祇・伊留麻: まあ・・・確かに判定の意味じゃあ皆振り分けてたかの。気術神に
夢祇・伊留麻: 戦闘より、調査の判定に必要じゃからって
平賀・双葉: 一応「全属性居た方が良い」「GW排除用に範囲攻撃が出来るヒトが一人いた方が良い」くらい?
稲田・琴音: ただ、GM的視点で言うならですけど、パーティーに一人は範囲攻撃が欲しいですね。オンラインセッションでは特に。ともするとGWの処理に時間がかかり過ぎてしまいまして……。
平賀・双葉: でも最初からいないと分かっていたらGWを少なめにすれば良いしね
ひつじ: その辺はGMの腕だろう。
シロ・ホワイトテール: あとは、ベテランさんがいたら、そーアドバイスしてみたりすればいいかもー。
稲田・琴音: あ、そうですね。なにぶん、初心者GMの意見ですので、なかったことにして下さい(手を顔の前でぶんぶん
平賀・双葉: 冗談で「範囲、強化、紅蓮撃」の担当を決めましょうかって言ってるのを見たことがあるわね
夢祇・伊留麻: 範囲攻撃か・・・最初のころはGWもあったから有効じゃったなあ
夢祇・伊留麻: 暴れ独楽で壁一つ丸々撃破とか
ひつじ: (琴音ちゃんなでながら)意見の相違かもしれないが、あたしの場合、RPGは尖ったパーティのほうが燃える。
ひつじ: 全員カミカゼでした、なんてのも好きだよ?あたしは。
稲田・琴音: ナイフみたいに尖ってはー♪(ぇ>まあ、そのパーティだとナイフ持ちもいそうですが
シロ・ホワイトテール: ぜんぐんとつげきー(←
夢祇・伊留麻: そういうのもいいのう。・・・ただ、調査してるときに神秘判定で7ください、とか出てくると・・・・
ひつじ: その辺も、パーティ見てうまいぐあいに調整してやればいいんじゃないかな。なにも、全部の判定に成功しなきゃいけないわけでもないだろう?
GM: わーれーにつーづーけー♪
*server*: [シロ・ホワイトテール]がオフラインになりました
*server*: [シロ・ホワイトテール]が復帰しました
平賀・双葉: SRTRPGだと、基本的に判定はPL側から「気魄で足を使って聞き込みします、難易度はいくつですか?」とか言うものだからあまりない状況だしね
ひつじ: おかえり
平賀・双葉: おかえりなさい
稲田・琴音: お帰りなさい。
シロ・ホワイトテール: うー、ただいまー。
GM: おかえりにゃー
夢祇・伊留麻: 御帰りじゃよー
ひつじ: まあ、なんとかなるんじゃね? がんばれってことでいいの?
夢祇・伊留麻: いや、そういうのもあるが、怪しい光があたりを包んだ、回避するには神秘判定が必要だ・・・ってのもあるのじゃよな
稲田・琴音: あ、双葉先輩の発言に乗りまして、一つついでに。TRPG自体が初心者で判定のやり方をなかなか言い出せない方、情報収集では「足で歩き回って稼ぐ」「パソコンか書籍で情報収集」「誰か知ってそうな人に聞きに行く」「何となく思いつく」あたりのパターンをまずは覚えておくと、どんな場面でも使いやすくていいですよ。そこから先は、慣れたらおいおいですね。
夢祇・伊留麻: ・・・大抵はそういうものなのじゃがな、双葉殿が言うとおり
シロ・ホワイトテール: なれてきたら、じーえむさんもビックリなほうほーを、てーじできればいいねー♪
GM: ふにゅふにゅ。…あぁっと!!!
ひつじ: 時間か?
稲田・琴音: あ、もうお時間が来てしまってますね。ちょっと脱線させすぎてしまいました……ごめんなさい。
夢祇・伊留麻: あー・・・時間かあ
GM: まぁ時間はあくまで基準やさかいええんやけどなぁ♪
ひつじ: どうすんの?
GM: ほなら急ぎでひつじさんのお便り応えて番組締めよぉか♪
ひつじ: はいよ、じゃあもう選んじゃっていいのかな?
GM: うんどぞどぞ~♪(封筒渡し
ひつじ: えーっと……ンだぁ?この赤いの。徴兵かっつーの(封を開ける
ひつじ: あー、なになに?…………「オサキトク スグ マカイニカエレ」
平賀・双葉: ………。
稲田・琴音: ……なんだか、液体が跳ねたかのような赤模様なのが気になるんですけど……?
夢祇・伊留麻: ・・・・・・
GM: ………。
ひつじ: …………ごめん、ちょっと急用思い出したわ。
シロ・ホワイトテール: うー?
平賀・双葉: そうね、早く帰った方が良いわ
夢祇・伊留麻: そ、そうか。お大事にの
GM: ∑魔界に帰るん!?
稲田・琴音: え、ええと……お大事に、です。
GM: お…お大事になぁ
ひつじ: ナンノコトカナ? あたしは一般生徒のひつじさんだよ?
シロ・ホワイトテール: おだいじにー?(首を傾げつつ
ひつじ: じゃ、そゆことでー(部屋の隅へ
ひつじ: (自分お手紙は急いだ
GM: ほ…ほむー;
GM: さ、さて時間がたつんは早いものでもうお別れの時間となってまいましたぁ;
平賀・双葉: お疲れ様ね
GM: 今回は時間を増やした分より趣旨に沿った内容になったかな思います♪
GM: 背後からのお便りもそうですが視聴者様からの質問のお便りもお待ちしとりますんで私・燕糸踊壺までどしどしお送りくださいなぁ♪
稲田・琴音: 待ってます音符
シロ・ホワイトテール: まってるよー♪(ぽふぽふ>ことね
稲田・琴音: ……はい、変換機能は疑い、しっかり自分の打ち込んだ内容は確認しましょうと言う、最初のほうの注意がさっそく実例として出ましたね♪(硬直した笑顔で
シロ・ホワイトテール: そういうときは、きにしないでいくのー(たきゅっ
GM: それでは次回の蜘糸♪ちゃんねるでまたお会いしましょ~♪
稲田・琴音: さて、それではまた最後の締めに、燕糸さんによる嘘シルバーレインプロジェクトをお願いしましょう。今日はさらに、抜き打ちアクトワードシステムも組み込んで。(台本にない無茶振り
稲田・琴音:
【P】神秘4 (No.80)
GM: コホン(イメージcv植田佳奈で
稲田・琴音: (いや、無茶だったらいいですと、悪乗りしすぎな背後さんが言ってます。ところで、背後さんとは誰でしょう?
シロ・ホワイトテール: ママー♪(琴音の服の裾をきゅっと掴んで言ってみたー←>《家族》
GM: 暴走する妖獣達、家で寝込む大切な家族を守るため、能力者の少年少女たちの弾丸作戦が始まる!!
稲田・琴音: ……っ!(胸をずきゅーん。がばっと抱き上げました)>シロさん
シロ・ホワイトテール: うー♪(つけしっぽをピコピコ
GM: 「だいじょうぶ、おかぁさんもヒロ(仮名)も、私が守るからね!」
夢祇・伊留麻: 誇りがどうの言って家族を見捨てることなんてできるわけないじゃろう!やらせはせぬよ!
夢祇・伊留麻: ・・・・みたいなのとか?
シロ・ホワイトテール: わー、いるま、すごいー♪
平賀・双葉: 家で寝込む………家族
GM: 次回・シルバーレイン劇場版2、『ヤッベ俺ちょっと母さんに会ってくるわ』…お楽しみに!!
GM: …嘘やけど
稲田・琴音: ……ちゃんと巫女がお守りしますよ?もちろん(何>双葉先輩
GM: それでは皆様、また会う日まで!!くもすみなさ~い♪
ひつじ: うけけけけけけけ
夢祇・伊留麻: く、くもすみなさーい
シロ・ホワイトテール: くもすみなさいー。
平賀・双葉: ………くもすみなさい。
ひつじ: おつかれさーん(ポカリのボトルを人数分持ってきながら
稲田・琴音: くもすみなさい♪(背後からの何だか恐ろしげな笑い声と、何か門の開くような音はボリューム調整でオフにしつつ:笑)
PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
[11/12 NEX-5]
[05/29 TuhForbGrorry]
[07/03 クリューナ]
[06/27 クリューナ]
[04/22 NONAME]
HN:
Yoko.Enshi. with Magus.Morgan.A.
年齢:
1070
性別:
女性
誕生日:
0948/09/26
職業:
蜘糸商会 社長
趣味:
機構弄り
自己紹介:
=======================
この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、
著作権はかがり紅路絵師に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
========================
800年の封印から目を覚ましてくれたのは小さい巫女やった。私も巫女も、大きな力の前では何もできなくて。『土蜘蛛戦争』で巫女が戦いに出ても、見送ることしかできなくて…。彼女は先に逝ってもうた。
<<第弐回 蜘糸♪ちゃんねる (セッション準備編)  | HOME |  第0回蜘糸♪ちゃんねる>>
Copyright ©  -- 白と黒の対極 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ